経営の仕方が悪い会社になると、残業代を支払わなかっり、支払っても残業時間をカットされていたりしますが、在籍中はなかなか言い出しにくいですよね。

でも、その会社を辞めるとなれば話は別です。せっかく退職するのですから、この際、残業代をきっちり精算してもらいましょう。

っと言っても、なんも知識がない状態で、会社側に請求しても回収できない場合があります。なので、とりあえず残業代の基本知識と、残業代を回収するためには、なにが必要かを知っておきましょう。

残業代の労働基準法

日本の法律では、労働時間の上限が予め決まっていて、1日8時間、週40時間というのがあります。もし、この時間を超えて労働させる場合(残業)は、前もって労働基準監督署に「時間外」「休日労働」に関する協定(三六協定)を結んで、届出を出さなければいけません。

自分のチャット画像です。
現状は、この協定を無視している会社は多くあります
自分のチャット画像です。
しかし、会社が協定を届けていなくても、労働者としての権利は守られていますので、安心してくださいね

残業代の割増率

1日に8時間を超えて労働した場合は、超えた時間に対して『時間外労働』という割増賃金が発生しますが、割増率が発生するのは、なにも8時間を超えた時だけではありません。

時間帯 割増率
時間外労働 2割5分以上
休日労働 3割5分以上
深夜労働(22時~5時) 2割5分以上
時間外労働が深夜に及んだ場合 5割以上
休日労働が深夜に及んだ場合 6割以上
自分のチャット画像です。
会社によって、時間帯の割増率を一定にしているところもありますが、これは完全に違法です

仮に、あなたが休日労働をした場合、3割5分以上の割増率が発生します。ですが、さらに労働が深夜に重なった場合は、休日労働率+2割5分増し(深夜労働)となるので、合計6割以上の割増率になります。

こういった時間帯の重なりを誤魔化す会社が多いので、しっかりと計算されているかチェックする必要があります。

残業代の請求方法

残業代は、労働者が必ず貰うべきお金であって、会社も必ず支払わなければいけないお金です。なので、残業代が未払いな場合は、遠慮せず請求するようにしましょう。

残業代を請求する方法は、3つあります。

  1. 労働基準監督署に相談する
  2. 弁護士を雇う
  3. 残業代請求無料相談センターに頼む

労働基準監督署に相談する

労基は『腰が重い』ことで有名ですが、相談する価値はあります。「自分でなんとか未払を回収してやる!」と思うのであれば、労基が一番いいでしょう。

あなたの状況や地域によっては、その場で会社に連絡を入れ、未払分を請求してくれる場合があります。

自分のチャット画像です。
本当に稀ではありますが・・・

会社側も、労基からの評判を悪くしたくないので、労基からの連絡があれば、支払いに応じてくれる場合があります。

自分のチャット画像です。
労基慣れしている会社や、金融との繋がりがない会社だと、労基からの連絡くらいでは動かない場合があります。

メリット

  • お金がかからない
  • 色々なアドバイスが聞ける
  • もしかすると連絡してくれるかもしれない

デメリット

  • 相手にされない可能性がある
  • 会社によっては効果なし
  • 労基が近くにない

弁護士を雇う

賃金などのトラブルで、労働者側が弁護士を雇って解決する事例は結構あります。弁護士に頼めば、高い確率で未払金を回収してくれます。

自分のチャット画像です。
もしあなたの知り合いに弁護士がいれば、未払金を請求してもらうのもいいかもしれません

しかし、普通に弁護士を雇うとなると、相談料や着手金、もし回収できなくてもお金は取られてしまいます。さらに請求が成功しても、弁護士側に報酬金として、回収した金額の約3割を払う形になります。

自分のチャット画像です。
もちろん弁護事務所によって金額は変わってきます

メリット

  • 確実性がある
  • 知り合いがいれば手間は省ける
  • 動きだしたら早い

デメリット

  • 報酬金額がある(回収金額の数%)
  • 着手金や相談料などがある
  • 動き出すまでが遅い
  • 信用できるかわからない

残業代請求無料相談センターに頼む

あまり聞きなれないと思いますが、ここは『残業代の請求・回収』を専門とした相談センターで、専属の弁護士もいます。

残業代の請求・回収をメインとしていますので、話が早く、フットワークも軽いので、短期間で解決することができます。

この残業代請求無料相談センターは、ネットからでも気軽に相談でき、全国対応なので地域で困ることはありません。

 

メリット

  • 完全成功報酬
  • 着手金・相談料は無料
  • 回収失敗時も無料
  • 全国対応
  • 専属の弁護士
  • ネットからでもOK
  • 短期間解決

デメリット

  • 成功報酬は20%

無料相談はこちら>>>

まとめ

残業代の金額が大きくなっている場合は、個人で請求しても支払ってくれないことがあり、多くの人が泣き寝入りしているのが現状です。

しかし、残業代は賃金なので、貰って当たり前なお金です。なので、泣き寝入りなどせず、色々なところに相談して、残業代を100%回収してくださいね。

スポンサードリンク