会社を辞める時に、少し気になってくるのが『有給休暇の消化』『有給休暇の買取』ではないでしょうか。

職場によっては、仕事が忙しく「有給休暇が取りづらい」「言い出しにくい」などがあって、結局有給休暇を消化しないまま、退職日を迎える人も少なくないと思います。

そうならないためにも、退職前から有給休暇を使ったり、有給休暇を貯めないようにしないといけません。

有給休暇の基本知識

有給休暇は、労働基準法という法律に規定されている、労働者に認められた権利ではありますが、有給休暇の権利を得るためには、ある一定の条件をクリアしていないといけません。

同じ会社に6ヶ月間継続勤務しており、その6ヶ月間の出勤率が8割以上であること。仮に半年間の間に、出勤率が8割を下回っていたら、有給休暇を取る権利はなくなる。

勤続年数に応じた有給休暇

勤続年数 付与日数
6ヶ月未満 なし
6ヶ月以上 1年6ヶ月未満 10日
1年6ヶ月以上 2年6ヶ月未満 11日
2年6ヶ月以上 3年6ヶ月未満 12日
3年6ヶ月以上 4年6ヶ月未満 14日
4年6ヶ月以上 5年6ヶ月未満 16日
5年6ヶ月以上 6年6ヶ月未満 18日
6年6ヶ月以上 20日
自分のチャット画像です。
これは、基本的な付与日数であって、企業によっては日数が多い場合があります

有給休暇の消滅期間は2年とされており、前年に使わなかった有給休暇は翌年に繰り越せるようになっています。

たとえば、XXX1年に10日の有給休暇が付いたとします。あなたは、XXX1年に5日の有給休暇を使いました。そうすると、余った残りの5日はXXX2年に繰り越せ、XXX2年の有給休暇総日数は15日となるわけです。
自分のチャット画像です。
有給休暇は、勤続年数に応じて増えていきますが、もし前年比の出勤率が悪い場合は、有給が発生しません

退職前の有給休暇の使い方

仕事が忙しく、あまり有給休暇が取れなかった人は、大抵付与日数がMAXになっていると思います。その状態で退職すると、ほぼ有給休暇を使いきれずに退職するはめになってしまうので、できれば退職届けを出す前に、少しずつ有給休暇を消化するようにしましょう。

仕事が忙しい職場でも、ある一定の期間には「少し落ち着く期間」があるはずです。その職場によって落ち着く度合いが違うと思いますが、その期間に有給休暇を取るようにしましょう。

有給休暇は『取ってはいけない休み』ではなく『取らなければいけない休み』なので、会社が「休まなきゃ!」っと言ってくれないのであれば、自分から積極的に有給休暇を取るべきです。

2016年からは、有給休暇の義務化が始まり、本格的に『休みやすい環境』になってくるので、会社側も、ダメとは言えない状態になります。

有給休暇は買い取れるのか?

基本的に有給休暇の買取はNGです。

ですが、会社の方針や、退職する時の状況によっては、有給休暇を買い取ってくれる企業もあります。あまり良い手段とは言えませんが、あなたがどうしても買い取ってほしい場合は、会社に相談してみてください。

もしかすると、応じてくれるかもしれませんね。

スポンサードリンク