『コピー』『シナリオ』ライター系の仕事内容と必要な7つのスキル

制作 職種の種類・特徴
スポンサーリンク

ひとくちにライターといっても、色々な種類のライターがあります。

「新聞・雑誌の記者」「雑誌の記事や書籍の文章を執筆するライター」

「ドラマや映画の脚本を書くシナリオライター」「広告のコピーを考えるコピーライター」

社会的問題を追いかけるジャーナリスト」「webサイトが上位に表示されるよう考える内部SEOライター」など、色々なライターがいます。

どのライターもクライアントから依頼を受け、取材、執筆などをこなしますが、ときには自分が企画したものを持ち込んだり、企画段階から携わることもあります。

ライターは、ある程度経験を積むと、独立する人が多く、収入も多いのが特徴です。

ライターの魅力
  • テーマや書きたいことに対して、没頭できる
  • 感性を文章で表現し、共感を持たれる
  • 取材や情報収集を通して、人脈が大きく広がる

では、ライターになるために必要なスキルをご紹介していきましょう。

ライター系(文書系)に必要なスキル(能力)

  • 文章力
  • 企画力
  • 情報収集力
  • 度胸
  • 積極性
  • 人脈力
  • 交渉力

では、ライターに向いている人、向いていない人の特徴も踏まえつつ、上記の7つの詳しい説明をしていきます。

共感できるライティング(文章力)

この仕事では、読者がひと目見て理解できる「わかりやすい文章」を書けるかどうかが重要になってきます。

テーマによっては、専門用語などを多様することもあると思います。しかし、それでも読者にとってわかりやすく、スラスラ読みやすい文章を作る必要があるんですね。

自分のチャット画像です。
専門用語をダラダラ書いたり、変に遠まわしな言い方をすると、飽きちゃいますもんね

確かに。

読者には「本を読んでいるだけ」という感覚だけでなく、「読んで頭でイメージができる」という感覚を持たせないといけません。なので、読んだ人から共感を得られるような言葉作りも重要になってくるんですね。

オリジナリティで付加価値をつける(企画力・情報力)

ライターという仕事は、クライアントからテーマをもらって、頼まれたモノをそのまま書いていては、いつか仕事がなくなってしまいます。

継続して仕事を依頼されるためには、いかに付加価値をつけるかなんです。

あなたならではの切り口や、一味違った内容にすることによって、付加価値が付き、その付加価値を求めてクライアントというのは仕事を依頼してきます。

なので、そういった能力を身に付けるには、日頃から使える情報を集めておく必要がありますよね。そして、思いついたらすぐにメモを取るなど、アイデアの管理も大切になってきます。

自分のチャット画像です。
なにごとにも興味を持っていれば、色々な情報を入手できたり、アイデアは浮かぶものですもんね!

その通りです。

ダメもと精神がモノを言う(度胸・積極性)

ライターには、取材を元に執筆する業種があります。

そういった業種には、「取材嫌いな人」にあえて突撃したり、聞きにくいことをバッサリ聞いてみたりと、なりふり構わないような姿勢が重要になってきます。

時には相手から怒られたり、仕返しをされることもあると思います。しかし、そういった積極性や度胸が、質の良い記事になったり、脚本になったりするんですね。

人間関係を保つのがカギ(人脈力)

他の仕事と比べるとライターは、「人と話すこと」が非常に多く、いろんな人と交流する機会があります。

そういった中で、出会った人との交流を保つために、連絡先を交換したり、今度食事に行く約束をしたりと、その人達との繋がりを切らさないようにしないといけません。

そうすることによって、いざという時、あっさりと取材してもらえたり、企画のヒントを得ることができたり、知人を紹介してもらえたりと、助けになってくれるからです。

自分のチャット画像です。
人脈を保つ力というのは、ライターにとって必要不可欠なスキルなんですね。

色んな相手との駆け引き(交渉力)

良い記事、良い脚本を書くには、交渉力が不可欠です。新聞や雑誌の記者であれば、取材相手との駆け引き、コピーライターであれば、絶対に変えたくない言葉での駆け引きなど。

ライターは「文章を書くだけ」ではないので、色々な場面で交渉というのが必要になってきますよ。

しかし、交渉が上手くなれば、文章力もついていきますし、文章力がついてくれば、交渉力も自然とついてきますので、ある意味一石二鳥な部分もありますね。

向いている人

文章を書く事が好きな人は当然なんですが、「自分の感性を人に伝えたい」「表舞台には出たくないけど、自分の伝えたいことを世に出したい」といった人は、ライターに向いているかもしれません。

あと、ひとつのことに時間を忘れて没頭したことがある人。こういった人は、ライターには見ています。

逆に、飽きやすい人や、自分の考えや感性にあまり興味がない人、あるいはそんなこと考えたことない人は向いてないでしょう。

ライターはアーティスト的な要素があります。なので感性は本当に重要な部分です。もしあなたが「感性が好きだ」「感性を表に出したい」「自分には感性がある」という人でしたら、ぜひチャレンジしてください。

チャレンジする価値は十分にあります。

 

スポンサーリンク

ページの先頭へ