面接は『得意先への訪問』と同じような感覚で行うのが良いと言われています。ですので、面接の受付をする場合は『お客様扱い』されていると勘違いしないで、『取引先に来社した』と意識してください。

そう意識することで、受付時になにをすればいいか自然とわかってきます。

受付する時のビジネスマナーは4つ

受付する際に、必ず気をつけてほしいのが

  1. 玄関に入る前
  2. 受付でのマナー
  3. 受付から控え室に案内される時
  4. エレベーターでのマナー

玄関に入る前の準備

まず玄関に入る前に、以下のことを確認しましょう。

  • コート類は脱いでいるか
  • ケータイの電源は切っているか
  • 時間は10分~15分前か
  • 髪型は乱れていないか

コートやマフラーは建物に入る前に脱ぐのがマナーの初歩

コートやマフラーは、必ず建物に入る前に脱いでおきましょう。これはビジネスマナーとしては初歩中の初歩なので、もしコートやマフラーを着たまま来社すると非常識なヤツだと思われてしまいます

ケイタイの電源は切る

あなたが仕事で取引先に来社する時、電話の電源は切りますよね?面接や受付も一緒です。受付時や面接時にケイタイが鳴ってしまうと、その時点でアウト

「ケイタイが鳴っていなければ採用だったのに」というケースは実際にありますので、十分に気をつけてくださいね。

受付でのマナー

受付では、キャリアがある人でも丁寧な態度を心がけましょう。

  • 自己紹介をする
  • 来社した意図を伝える
  • 受付の人にも丁寧な言葉つかい

キャリアのある中高年ほど、受付での態度が悪く、あたかも自分の部下のように話してしまうことがあります。

あくまで面接は、あなたを試す場であり、面接をさせてもらっている立場なので、悪態をさらさないようにしてくださいね。

案内される時のマナー

受付の担当者から、控え室へ案内される時は以下のことに気をつけてください。

  • 先導する人の歩調に合わせて歩く
  • 2歩~3歩ほど引いて、あとから歩いてくる
  • 片手にかばん、片手にコート類を持つ

たまに見かけるのが、先導している人の真横に並んで歩いて人です。これは、はたから見てもおかしいですし、先導している人にとっては誘導しづらい状況です。なので、2~3歩あとから歩いてくるのが基本です。

あと、コートを持っている場合は、片手でかばんとコートを持たないようにしてくださいね。これも基本です。

エレベーターでのマナー

エレベーターは密室で、受付の担当者はほとんど女性です。なので、むやみに接近したり、こちらから話かけないようにしましょう。

あと、バックを下に置くのもNGです。受付担当者から不信がられる行動は後々面接官の耳に届く可能性がありますので注意してください。

>>>『10の面接マナー』へ戻る

スポンサードリンク