うつ病が原因で長期の休養を余儀なくされ、そのブランクが1年以上になってしまうと、転職活動をする際色々な不安があると思います。ですが、ここ数年、うつ病患者に対しての支援が多くなり、転職に不安がある方でも無理なく転職活動ができるようになってきています。

ここでは、うつ病を患っており、長期のブランクがある方でも安心して転職活動ができ、今のあなたの適職を見付けることができるようにしていきたいと思います。

まずは自分に出来る仕事を把握する

うつ病になってしまうと、思考能力が低下したり、軽度のストレスにも耐えられなくなってしまうのですが、ここで一つ質問します。

「あなたは今、うつ病になる前の状態を100%だとすると、今のあなたの状態は何%まで回復していますか?」

もし自信を持って100%と言えたり、100%だと確信できるものがあれば良いですが、「100%ではない」と少しでも感じるのであれば、これまであなたがしてきた仕事の量や質を落とす必要があります。

うつ病で一番回避したいことは「再発」ですよね?うつ病を再発してしまう方の大半は、体調が万全だった頃と同じような仕事をしていまうことです。うつ病はストレスを感じない環境に身を置くと、体調が良くなり、「完治した」「やっていける」「大丈夫なんじゃないか」と思ってしまいます。

ですが、それは休養中の体調であって、実際に責任のある仕事に就いてしまえば、一気にうつ病が再発していまいます。なので、自分では「かなり回復した」と思っても、以前のような仕事量や質を求めてはいけません。

うつ病は隠さずオープンが基本

うつ病患者のほとんどは、転職する際「自分がうつ病だった」ことを隠して転職活動をしています。しかし、これは高い確率で転職に失敗したり、うつ病が再発します。

うつ病を隠すとゆうことは、「我慢する」「健全を演じる」とゆうことになり、健全な人より、多くのストレスを抱えてしまうとこになり、結果再発したり、場合によっては症状がさらに重たくなってしまう可能性があります。

自分で探さず、支援してもらって転職しましょう。

自分だけの力で転職活動をするには、健全な人でもかなりのエネルギーを消費します。なので、転職活動はできるだけ支援してもらえるところで探すようにしましょう。

ハローワークで支援してもらう

ハローワークには、うつ病の方を支援するプログラムがあり、あなたのこれまでの経験を活かし、無理のない求人を探してくれます。他にも、「障害者求人」とゆうものがあり、うつ病に理解のある会社が求人を出しています。

「そういった仕事は給料が安いんじゃないか?」と思うかもしれませんが、仮にこれまでと同じような仕事で、同じような給料を貰える会社に転職しても、再発してしまっては意味がありませんし、再発して働けなくなってしまった場合、収入は0になってしまいます。

こういった最悪のケースを回避するには、まず「長く働ける場所」を探すのが基本なんです。厳しい言い方になってしまいますが、これまでと同じような仕事量や給料は、今のあなたのキャパを大きく超えている可能性があります。うつ病は絶対に治る病ですが、完治するまでは、必要以上の慎重さが大切になります。

キャリアアドバイザーに支援してもらう

キャリアアドバイザーとゆうのは、あなたの経験や今の状況を詳しくヒヤリングし、あなたに最適な仕事を探してくれる、いわば転職のプロです。ここ数年、うつ病の方に対しての理解が深まっていることから、中小企業より、大企業の方がうつ病の人を対象とした求人を出しているところが増えているようです。

ハローワークと違い、営業部が色々な企業へアプローチして求人を集めいているので、ハローワークにはない好条件の求人や、一般公開されていない求人などもありますので、タイミングが合えばうつ病患者でも無理なく、満足できる求人を紹介してもらえることがあります。

実際にキャリアアドバイザーに相談して転職しているうつ病患者の多くは、再発せず長く務めていることができているようです。転職したあとも、キャリアアドバイザーがフォローをしてくれるので心強いですね。

うつ病でブランクがある方は、絶対に自分一人で転職活動をせず、必ず支援してもらいながら転職活動をしていきましょう。

>>>転職支援ならDODA

スポンサードリンク