”転職する時期”は2つあります。ひとつは一年を通して求人が多く出ている時期。もう一つがあなた自身が転職していい状況にあるかどうかです。一年を通した転職時期はある程度決まっていますが、あなた自身が転職していい時期は意外と自分自身わかっていないことがあり、そこを間違うと”求人が多い時期”を選んでも転職が失敗する可能性がありますので、十分気を付けてください。

転職に適した時期(求人が多い時期)

一般的に求人が充実するのは4月入社を目安とする2~3月。10月入社を目安とすると8~9月。この時期は企業にとって”年度の切り替え”や”新事業の立ち上げ”が集中し、切り替え時に退職者が増えることや、新事業で抜けた穴を補充する意味で求人を出す企業が多くあります。

ボーナスをもらって退職する人も多いので、年間で一番求人数があるのは7月~9月と思って間違いないでしょう。冬のボーナス後に退職される方もいますが、年末年始などが重なる為、期待するほどの求人数にはなりません。

意外と狙い目なのは6月以降。4月入社の新入社員が「思っていた仕事と違う」とゆう理由で早期退職する時期なので、その穴を埋める形で求人を出す企業があります。しかし、新入社員が入社2月~3月で辞める企業には少し気をつけたほうがいいでしょう。

自分のチャット画像です。
基本的にボーナス前や年末年始前、大型連休前を避けていれば良い求人が出て来るでしょう。

転職してはいけない人

転職時期に合わせて活動するのは良いですが、時期が合っていても転職してはいけない人がいます。

  1. 同僚にイヤな人がいる
  2. 給料に不満がある人
  3. 待遇に不満がある人
  4. とにかく辞めたい人

どの理由も皆が思うことであって、大抵の人が該当することです。この4つの理由で辞めても転職を成功させている人ももちろんいます。

しかし、これらの理由で転職活動をした人の7割が「前の会社の方が良かった」「前の会社よりもきつかった」「辞めたのはいいけど全然仕事が決まらない」といった”転職失敗”を経験しています。なんででしょう?

不満だけで転職しても成功しない

給料に不満がある、待遇に不満がある、同僚に不満がある。これらの不満というのは相手や会社どうこうではなく、あなた自信に問題がある可能性があるからです。

同僚に不満がある人は、単にあなたのコミュニケーション力が足りなかったり、人のイヤな部分を受け流す余裕がないことが原因かもしれません。

給料に不満がある人は、単にあなたの仕事スキルが足りないからかもしれません。

待遇に不満がある人は、低待遇の会社にしか就職できない人なのかもしれません。

かなりキツイ言い方になってしまいますが、会社や相手を理由に不満を言うのは何の解決策にはならず、何か不満を解消したのであれば自分を変えるしかないということに気づいていないからなんですね。

自分のチャット画像です。
これらの不満は転職しても必ずつきまといます。

もし、こういった状況だとあなたが少しでも感じているのであれば、今から1年間今の仕事を続け、できるだけ今までと違う考え方で仕事をしてみてください。必ずあなた自身に原因がある部分があるはずです。それを意識したり、自分の欠点を認めるようにしてください。そうすると必ず良い方向に仕事が上手くいき、不満もなくなり仕事しやすい状態になります。そして、今の不満がなくなったら改めて転職を考えていきましょう。

転職して成功する人

転職して成功するには明確な「目的」が必要です。給料面や待遇面などではなく、仕事内容に対する目的です。先ほども言いましたが「不満」だけで転職すると高い確率で後悔します。

では、仕事内容の目的とは具体的にどういったことなんでしょう?

  • ”商品を売って終わり”な営業ではなく、アフターケアまで責任を持った仕事がしたい
  • 接客重視の店舗だが、自分は商品の見せ方、店舗戦略重視で仕事がしたい
  • トラック運搬だけではハリがない。重機などで技術的な仕事がしたい
  • 実は物作りやデザインが得意だから、クリエイティブな仕事がしたい
  • 子供の頃の夢を今から叶えたい

自分が得意としていたり、自分に合っている、自分はこういった働き方をしたい。っと明確にわかっていると転職は上手くいきます。

ですが、自分がしたい仕事、適した仕事がわからない時もあります。

自分のチャット画像です。
そうした場合はとにかく自己分析をしていきましょう。

簡単に自己分析する

自己分析といっても簡単です。どこかの自己分析サイトを使う必要もありません。必要なのは紙とペン。

  1. 何が得意か ※複数回答
  2. 趣味は何か ※複数回答
  3. 肉体派か頭脳派か
  4. 子供の頃何に夢見ていたか ※複数回答
  5. 学生の頃何をしてきたか ※複数回答
  6. 何にストレスを感じるか ※複数回答
  7. 人との関わりはどうか

この7つの回答を紙に書いてみてください。複数回答に至ってはできるだけ多く書くことが重要。少し面倒ではありますが、自分のことを紙に書くことで改めて自分のことが良くわかってきます。

関連記事

これで解るのは「したい仕事」「適した仕事」

子供の頃の夢や、学生の頃やってきた事は「したい仕事」のカギになってきます。例えば、スポーツ選手になるのが夢だったなら、そのスポーツに関わる仕事に就いたり、ジムインストラクターになったり。

学生の頃、サークルの皆で何かをやり遂げたり、計画して実行に移したりしていたなら、チームプレイが必要な広告関係だったり、クリエイティブな職だったり。

そこに何が得意か、肉体派なのか頭脳派なのか、何にストレスを感じるかを組み合わせていくと自然とあなに適した仕事やしたい仕事が浮き上がっていきます。そしてそれを元に求人サイトなどで検索していくと「これだ!」っという求人が出てきます。そこまで来たらあなたに適した転職時期が来ると思います。

なので、単に転職するのではなく、目的や目標を明確してから転職を開始してください。

自分のチャット画像です。
そうすれば必ず成功する人になっていきますよ。

無料転職支援サービス

転職支援サービスは専門のエージェントさんがあなたの転職を手伝ってくれるサービスです。

カウンセリングをしてあなたに合った企業を紹介してくれるので失敗する事も少なく、一人で活動するよりも短期間で転職することができますよ。

どんな職種でもOK!リクルートエージェント



転職サイトの定番リクルート。実績十分、登録企業も多く、どんな職種にも答えてくれますよ。

リクルートエージェント

レアな職種が!?DODA




エンジニア関係に強いのがポイントです。専門的な職種に転職したい方にはおすすめですね。

転職のプロが薦める優良企業が豊富なのはDODA