システムコンサルタントの『仕事内容』と『必要スキル』

情報 職種の種類・特徴
スポンサーリンク

システムコンサルタントは、クライアントの要望に応えて、システム設計をしていく仕事ではあるんですが、それプラス「適切な情報システムの提案」や「独自の企画を立案」していくことが求められます。

さらに、その企画したものが、実際に経営ではどう影響するのかを予測して、クライアントの業務内容の分析や問題点の改善提案などもしていかなければいけません。

なので、システムの専門知識と経営的なセンスが求められる職種なんですね。

システムコンサルタントの魅力
  • 経営戦略をシステムからサポートできる
  • 仕事を通じて、さまざまな業界にふれられる
  • 技術と経営を勉強でき、将来独立ができる

システムコンサルタントは、比較的独立しやすい職種になりますので、将来的に独立を夢見ている人なら、この職種は外せない仕事になると思います。

システムコンサルタントに就職・転職する時に、必要とされるスキル(能力)

  • 協調性
  • コミュニケーション力
  • 向上心
  • 論理的
  • マネジメント
  • 経験

では、一つずつ説明していきますね。

チームワークを第一に考える(協調性・コミュニケーション力)

システムコンサルタントは、SEやプログラマー、他の協力会社などとチームを組んで仕事をするので、協調性が必要となります。

さらに、仕事が上手くいった時でも、チームのありがたさを理解できる人材が求められています。

色々な職種が集まり、仕事を進めていくので、多少の摩擦が生じる時があります。そういった時には、お互いの意識や認識のズレを修正し、お互いが仕事をしやすくするように、正確に相手との意思疎通が図れる力も必要になってきますね。

目配りしていく(向上心)

システムに関する最新情報はもちろんのことですが、ビジネスモデルやIT全体の最新情報を把握し、それをクライアントに提案していくのも、システムコンサルタントの仕事です。

ただ単に、システムのことばかりを勉強していてはダメですよ。

コンサルタント業務なので、すべてのことについて勉強し、吸収していこうという意識がないといけません。

問題点と解決策の筋道を作る

クライアントの問題点を指摘し、それを改善するための方法を提案していくには、改善するまでの筋道を明確に示さないといけません。

そうすることで、クライアントからの信用を得ることもできますし、何か問題が発生した時でもすぐに対応することができます。

メンバーを束ねる力

プロジェクトをまとめる立場となりますので、方向性をしっかりと打ち出し、ほかのメンバーが迷走しないように導いてやらないといけません。

方向性を明確にすることで、短い納期に間に合わせることができますし、なにより仕事がスムーズに進むことによって、システムコンサルタントとしての信用が築かれ、今後の仕事にも良い影響を与えてくれます。

着実に仕事を積み上げる(経験)

システムコンサルタントは、専門的な知識はもちろんのこと、企画力や折衝力が求められるレベルの高い職種になります。

なので、新卒でいきなりシステムコンサルタントになることは滅多になく、大抵は数年のSEやプログラマーを経て、システムコンサルタントにステップアップしていきます。

スポンサーリンク

ページの先頭へ