退職の決意をしたら、まず頭に浮かぶのはボーナス(賞与)ですよね。時期が少しズレるだけで、賞与がもらえなかったり、減額にされたりして、数十万円も損してしまうことがあります。

良い会社に転職する為にも、先立つものが多い方がいいので、貰えるものは貰って退職するようにしましょう。

ボーナスの性質

ボーナス(賞与)には支給対象者に関する規定があるのはご存知ですか?

 

支給日在籍型

「賞与は支給日に在籍している社員に支給する」

査定対象期間在籍型

「賞与は査定対象期間の在籍者に支給する」

 

自分のチャット画像です。
過去の労働に対する報酬か、将来の労働に対する激励かってことですね。

これらは、就業規則の規定に示されているので、退職する前は必ず確認しておく必要があります。

就業規則に「賞与は支給日に在籍している社員に支給する」という規定があれば、支給日以前に退職していたり、退職届けを出していたら、支給されなかったり、減給されてしまうことがあります。

自分のチャット画像です。
そうなる場合は、少し気が引けるかもしれませんが、支給日が過ぎてから、退職届けを出すのほうがいいでしょう。

就業規則がない場合は?

たまに、賞与について規定がない会社があります。賞与は出るんだけど、退職時の賞与の規定がない。

自分のチャット画像です。
少し怪しい会社ですけど・・・

そういった場合は、過去に退職した人の話しを聞くしかありません。本当は人事や総務といった人に聞くのがいいのですが、聞けないですよね。

なので、長く勤めている同僚などに話しを聞いて、情報を集めましょう。規定がない場合は、それまでのその会社の慣行に従うことになります。

辞表を出すタイミング

退職時の賞与でもっともトラブルが多いのが「辞表を提出した日が退職日扱いになり、賞与が受け取れなかった」というケースです。

これはあきらかに会社側の嫌がらせなのですが、会社側もやはり「ボーナス貰って逃げるなよ!」という気持ちもありますし、その気持ちもわかります。

ですが、従来ボーナスというのは、過去の労働に対する報酬なので、貰って当たり前のお金なんですね。

なので、余計なトラブルを避けるには、『ボーナスを貰って辞表を出す』ことが基本だと思ってください。

早く辞めたい気持ちや、次のボーナスも貰いたくなる気持ちもわかりますが、ここはしっかりと貰うものは貰って、きっぱり退職することが一番です。

スポンサードリンク