商品企画とは、新商品の提案や、既存商品のリニューアルに携わる仕事です。

会社によって仕事内容が違う部分もありますが、商品企画を外部に依頼しないときは、自ら街にでてマーケティングを行ったり、消費者のニーズを形にするために、コンセプトを固めて、自分で商品イメージを作って形にすることもあります。

ほかの部署や部門と連携して一つの商品を作っていくので、トータルプロデュースとしての力が身につき、将来の仕事の幅が広がりやすい職種といえるでしょう。

商品企画の魅力
  • 一つの商品ができるまで、トータルプロデュースできる
  • 自分の商品がヒットすれば、消費者の支持がスゴい
  • 「この商品を世に出したい」とい熱い思いが、努力次第で結実する

商品企画に必要なスキル(能力)

商品企画は、自分のイメージした商品を、社内外の人と協力してプロデュースする仕事です。なので、ほかの職種よりも少し特質的なスキルも必要になってきます。

  • 積極性
  • リーダーシップ
  • コミュニケーション力
  • 創造力
  • プレゼン力
  • 継続力

では、これらのスキルを一つずつ説明していきますね。

情報を集めまくる(積極性)

商品を作るためには、そのマーケットのニーズを把握する必要がありますよね?そして、マーケットのニーズを知るためには、マーケットに聞くのが一番確実です。

自分のチャット画像です。
マーケットに聞く?どういゆう意味ですか?

マーケットに聞くというのは、その業界のスタッフに直接話を聞かせてもらったり、お客にアンケートをしてもらったりということです。

こいった軽快なフットワークで貪欲に情報を集めることは、この仕事にとって一番大切な事なので覚えていてくだいね。

ですが、話やアンケートだけでは、まだ不十分なんです。プラス「体験」がないと、本当のニーズというを把握することはできません。

たとえば、あなたが男性で、化粧品のプロデュースをするとします。男性は化粧をしないので、化粧品のことなんてわかりませんよね?そして、話を聞くだけでは、本当にニーズを知ることはできません。

ではどうすればいいのか?

自分のチャット画像です。
体験ですか?

そうです。体験する。化粧をしてみるんです。実際に化粧をすることで、女性の気持ちに少し近づけることができ、男性ではわかりえなかったことを知ることができるんです。

そうすると、そこで色々なイメージが湧き、ヒット商品のカギになることだってあるんです。こういったことも「情報」のひとつなんですね。

なので、これらの様な「貪欲な姿勢」が元からないと少し厳しい職種になってしまいます。

チームを牽引できるハート(リーダーシップ・コミュニケーション力)

ひとつの商品を作るには、社内外のいろんな人の協力が必要になってきます。たとえば、研究者だったり、広告担当者だったり、営業部だったり色々です。

ですが、そのすべての人が、最初から協力的かというと、そうではありません。

必ず始めは協力的ではなかったり、文句を言ってきたりする人が出てきます。そうした時に、どうチームをまとめ、どう牽引していくか、そして研究者や営業担当者をいかにやる気にさせるかが課題になってくるんですね。

自分のチャット画像です。
こういう人は向いてる!っていうのありますか?

人間関係を上手く築き上げのが得意な人や、理由はないんだけど、なんか人から好かれてしまうという特有な人は、こういった仕事は向いてるかもしれませんね。

自分のチャット画像です。
たまに居ますよね、なんか憎めない人とか、ついつい協力したくなる人って

そうですね。そういった人達に共通して言えるのは「素直」だということです。

チームを牽引できる人の多くは、本当に素直で、周囲の言葉と自分の言葉を上手く中和できています。そうすると自然と協力的な関係を作り上げることができるんですね。

イメージを共有させる力(創造力・プレゼン力)

協力的にさせるのは、なにも人間性だけではありません。

あなたがイメージする商品を明確にし、それを目に見えるものに置き換えて、相手に伝えることが必要になってきます。

そうすることで、イメージの共有ができ、スムーズに作業を進めることができるんですね。

自分のチャット画像です。
なるほど~、そうですよね、一つの商品を自分ひとりで作るわけではないですもんね

さらに欲を言うと、「人によって言い回しや置き換え方を変える」ということも必要な部分です。

たとえば、デザイナーには自分のイメージに近いビジュアルイメージを用意したり、研究者には従来の商品を元に、具体的な形を伝えたり、営業担当には、具体的な数字を用意したりと、担当者によって切り口を変えるのも必要な能力のひとつだと言えますね。

コンセプトとのズレを修正し続ける(継続力)

色々な関係者と連携して、ひとつの商品を作っていると、コンセプトが若干ずれてくることがあります。

そんな時に、それをどう修正していくかが、良い商品と悪い商品の分かれ道になります。

仮に、そこで妥協してしまうと、コンセプトにまとまりがなく、目的もはっきりしない中途半端な商品になり、まったく魅力のない商品になってしまうんです。

魅力のある商品というのは、こだわりのある商品です。なので、あなたが当初からイメージしていた理想の商品に、最大限近づける忍耐力、継続力が必要なんですね。

まとめ

商品企画は、自分のイメージした商品を作るために、いろんな人と協力していかなといけません。

なので、人としての柔軟性が必要になってきます。ただこだわりが強いだけのわがままだったり、周囲の人との調和を気にせず、自分のイメージだけを追い求めたりするのはNG。

仮にいいそれで商品ができても、そんな人とは今後仕事をしたくないと周囲の人から思われたらアウトです。

なので、「譲るとことは譲り」「譲れないところは譲らない」というはっきりとしたスタンスを持つことができる人でないと務まらない仕事です。

無料転職支援サービス

転職支援サービスは専門のエージェントさんがあなたの転職を手伝ってくれるサービスです。

カウンセリングをしてあなたに合った企業を紹介してくれるので失敗する事も少なく、一人で活動するよりも短期間で転職することができますよ。

どんな職種でもOK!リクルートエージェント



転職サイトの定番リクルート。実績十分、登録企業も多く、どんな職種にも答えてくれますよ。

リクルートエージェント

レアな職種が!?DODA




エンジニア関係に強いのがポイントです。専門的な職種に転職したい方にはおすすめですね。

転職のプロが薦める優良企業が豊富なのはDODA