面接が終わると同時に「んじゃ君採用ね。いつから来れる?」と言われた経験ありますか?こちらとしては喜ばしいことですが、入社してみると募集内容と違っていたり社内の空気がかなり悪かったりと後悔することが多々あるようです。

では、即採用する会社は危ない会社なのでしょうか?もし即採用を貰ってしまった場合どうすればいいのか?こういった「即採用(内定)」について色々な疑問があると思いますので、一つずつ解決していこうと思います。

即採用(内定)する理由

まず即採用する理由です。

  1. 人手が足りず、誰でもいいから欲しい
  2. 誰でも出来る仕事だから誰でもいい
  3. 本当に欲しい人材で確保したい

大体即採用する理由はこの3つ。ほとんどの会社は1か2でしょう。稀に3のようなことはありますが、これは本当に稀ですね。2のような「誰でも出来る仕事だから誰でもいい」という理由なら大した問題も起こらず応募内容との食い違いもない傾向にありますが、1のように「人手が足りないから」という理由はかなり危険です。

自分のチャット画像です。
人手が足りない=離職率が高いになりますからね
スポンサーリンク




人手不足な会社は危険

人手が足りない会社は基本的に離職率が高く、引き継ぎもロクに出来ていない場合が多いです。しかも、新人が入ってくるまで他の社員(スタッフ)がそれをカバーしている状態なので、社内の空気も重苦しくなっている可能性も高いでしょう。

他の社員は一刻も早く自分の仕事に集中したいので新人には厳しく、仕事を教える質も悪くなってしまいます。そうなると新人は余計なストレスを抱えることになりすぐに退社してしまうんですね。

人手不足かは〇〇で判断する

人手不足な会社の特徴も3つあります。

  1. いくつもの求人サイトや雑誌に載せている
  2. デスクの数と人の数が合ってない
  3. やたら面接官が優しい

人手不足というより危ない会社といった感じなのですが、この3つのいずれかに該当するのであれば一応注意しておいたほうがいいでしょう。

複数の求人サイトに載せている

この中で一番わかり易いのは「いくつもの求人サイトに載せている」です。会社名と『求人』というキーワードで検索してみて、2つ以上の求人サイトに載っていたら要注意です。

一つのサイトに求人を載せるだけでもそれなりの応募者数になるのですが、それを複数サイトに載せているいる時点でかなり人手が足りない状況だと推測できます。そして、複数の求人サイトに載せている割に「採用人数1名」っと書いてあると余計怪しいですね。

自分のチャット画像です。
あと、同じ求人が長期間載っている会社も注意です

デスクの数が多い

デスクの数と社員数が明らかに合っていない会社があります。これは完全にアウトな会社ですね。面接時にデスクを確認できないかもしれませんが、その時は社員数を面接時に聞いて、帰る時にでも「ちょっと職場を拝見してもいいですか?」っと聞いてもいいでしょう。

やたら面接官が優しい

やたらと褒めてくる面接官や、無駄に笑顔で気を使っている面接官の場合も注意です。本来面接は応募者を厳しい目で判断するところです。そのシビアな面接時に必要以上に優しい感じで接してくるのは何か裏がある証拠です。

即採用は辞退する

本当にやりたい仕事内容だったり、多少仕事内容が違ったり、人間関係をそんなに重要視していない方なら辞退する必要はありません。しかし、職場環境に妥協したくない方は辞退して後悔はしないでしょう。

しっかりとした会社ならば、面接時に「この人ウチに欲しいな」と思っても「合否は後日連絡します」と必ず時間を取ります。会社側も『即採用すると看板に傷がつく』とわかっているからなんですね。

自分のチャット画像です。
即採用は基本的に辞退することをおすすめします

口説かれても辞退する

たまにではありますが「ウチはこれから伸びる会社だから」「君に入社してもらいたいから他の応募者を不採用にした」などと口説きにかかる会社もあります。こうなったらアウトですね。迷わず辞退しましょう。

スポンサードリンク