面接官からの質問というのは、ある程度決まった内容があることはご存知ですか?これには『最低限考えておかなければいけない回答』という意味合いも含まれています。

なので、面接を受ける前には、『絶対聞かれる質問』の回答をよく考え、準備しておくことが採用への第一歩です。

今回は、その『絶対聞かれる質問』と、『面接官が納得する回答例』をご紹介していきます。

絶対に聞かれる4つの質問

  • 前職の退職理由
  • 志望動機
  • 前職の仕事内容
  • 仕事への信条

退職理由と志望動機は、100%聞かれる質問ですね。この2つは、面接官に『やる気』や『熱意』を伝えるのに、絶対に必要な部分ですので、必ず考えておいてください。

前職の仕事内容や仕事への信条という質問は、比較的大きな企業が質問しやすいものなので、この2つも、必ず準備しておく必要があるでしょう。

前職の退職理由

『前職の退職理由』を聞く理由としては、「すぐに辞める人ではないだろうか?」「簡単な理由で辞める人だろうか?」を判断する為です。

面接をしたり、人材を採用したりするのは、意外と時間とお金がかかります。なので、会社側とすれば、いくら優秀な人材でも、すぐに辞めてもらっては困りますので、退職理由にこだわる傾向にあるんですね。

なので、会社側はこの質問を重要視します。この質問の回答が説明不十分だったり、納得できない点があれば、必ずつっこんでくるので、誰でも理解できる回答を、前もって準備しておきましょう。

>>>『退職理由の回答例』を見る

この会社を志望した動機

経営コンサルをしている私が言うのはちょっと気が引けますが、ぶっちゃげた話し・・・会社を選ぶ時って『給料がいいから』『休みが多いから』『仕事が楽そうだから』が結構メインになってきますよね。

私はそうでした。

ですが、そのことを面接で、正直に話すのはNGです。当たり前ですよね。

面接官は「うちの会社は、業界からすれば給料もいいし、休みも多い」という事は自覚していますし、応募者が、それ目当てで来ていることも重々承知しています。

ですが、面接はあくまで『共にビジネスをやっていく仲間』を探すためのものです。そんな面接で『給料が多いから』『休みが多いから』なんて言ったら一発アウトですよね。

なので、面接での志望動機は『ビジネス上の志望動機』を伝えるようにしましょう。

>>>『志望動機の回答例』を見る

前職の仕事内容

前職の仕事内容を聞く理由としては、あなたがこれまでやってきた仕事を、どれだけ理解しているか。そして、その仕事でどういった成績を上げてきたかをチェックするためです。

これを回答する場合は、履歴書や職務経歴書がベースになってきますので、ベースとまったく違う回答をしたり、矛盾していたりすると面接官は「んっ?」っと思ってしまいますので注意してくださいね。

しかし、ベースに書いたままの言葉で話すのもいただけません。できれば、ベース+付け加えが理想的です。

>>>『仕事内容説明の回答例』を見る

仕事への信条

面接前には、色々な質問に対して回答を用意していると思いますが、意外と『仕事への信条』を考えていない人がいます。

『仕事への信条』という言葉ではないにしろ、「あなたは仕事をする上で、何が一番大切だと考えていますか?」「仕事で一番重要視していることは?」「この業界で一番気を遣うところは?」といった質問はすべて『仕事への信条』を聞いているんですね。

なんで、こういった質問にすぐ回答できるよう、しっかりと自分の信条を整理しておく必要があります。

>>>『仕事への信条の回答例』を見る

スポンサードリンク