「失業保険を受給している時ってバイトダメなの?」「バイトしちゃったんだけど、どうすればいい?」「内緒でバイトしたらバレる?」などなど、失業保険を受給している人なら一度は考えたことがあることではないでしょうか。

失業保険は、基本的に「就職活動時の生活及び活動資金」として支給されるものなので、受給中に就職活動をせず、バイトをするのはちょっと違いますよね。

しかし、ハローワーク側も色々な事情を考慮し、条件付きではありますが、失業保険受給中でもアルバイトや内職をしていいようになっています。

ですが、その条件をしっかりと理解していないと、あとでとんでもないしっぺ返しを食らうことになります。そうならないためにも、ここで知識を得て有益な失業保険生活を送ってください。

失業保険とアルバイト

失業保険は失業中に支給されるものなので、もしアルバイトやパート、内職をした場合は以下のようにまります。

  • 短期(2、3日)⇒その日は不支給。給付日数は先送り
  • 内職⇒内職の額によって支給。給付日数は減る

失業保険の受給中に、短期のバイトや内職は条件さえ守ればしていいことになっています。しかし、以下の状況になってしまうと、失業保険は取り消されるので注意してください。

  • 契約期間が7日以上の雇用契約
  • 週の労働時間が20時間以上
  • 週の就労日が4日以上
  • 事業主に雇用され、1日の労働時間が4時間以上

この4つのいずれかに該当する場合は、失業保険受給の資格が取り消されることがあるので、もしバイトや内職をする機会がある場合は、担当の職安に相談されてみてください。

自分のチャット画像です。
これらは、仮に収入がない場合でも、失業保険を取り消される場合があります

待機期間中のアルバイト

待機期間とは、失業保険の手続きした後の7日間のことなんですが、この期間中に1日でもアルバイトをしてしまうと就職が決まったと判断され、失業保険が受けられないようになってしまいます。

自分のチャット画像です。
日雇いや短期のアルバイトでも、失業保険が受けられなくなりますので、絶対にアルバイトをしないようにしてくださいね

アルバイトはバレる?バレない?

失業保険を受給している間は、「絶対にアルバイトをしてはいけない」わけではありません。しかし、アルバイトなどをした場合は、次回認定日の失業認定申請書に「この日はバイトをしていくら収入を得た」と申告しなければいけません。

申告すれば、その日の支給はなくなってしまいますが、給付日数は先送りにされ、総支給額は減ることはありません。

自分のチャット画像です。
内職の場合は、収入の額によって支給され、給付日数は減ります

しかし、中にはバイトをしたことを黙って失業保険をもらう輩もいます。アルバイトは自己申告なので、申告しなければわからない部分も確かにありますが、でも職安もそんなにバカではありません。

最近では、各職安エリア周辺の店舗調査をしているので、もし失業保険を受給している名前と一致すれば、必ずバレます。

ほかにも、事業所からの密告や、同じ職場の人の密告などでバレることがあるんですね。

自分のチャット画像です。
事業主は人を雇うと経費として献上しますので、必ず働いた人の名前が残るんです

ネット(オークションやアフィリエイト)はバレる?

結論からいうと、これが一番バレやすいです。

ハローワークは定期的にASPに対して、収入がある人を対象に調査をしています。ASPに登録するためには、正しい個人情報を入力する必要がありますので、誤魔化すこともできず、ちゃんとした証拠になりますので、仮に失業保険が終わっていたとしても、あとから3倍返し返納を求められる可能性が非常に高いんです。

自分のチャット画像です。
やっぱり不正受給はよくないですね

短期バイトや手渡しのバイト

じゃあ、短期のバイトや給料が手渡しの場合はどうなのか?

短期のバイトでも手渡し給料でも、働いた記録が残りますので、失業保険期間にバレなくても、あとで発覚して返納を求められる場合があります。

内職

内職もアルバイトと同じように、収入がある場合は認定日に申請をしないといけません。

ここで最近よく質問されるのが「ネットで稼いだお金はどうなるのか?」です。

自分のチャット画像です。
オークションやアフィリエイトなどですね

結論からいうと「ネットでの収入も申告対象」ということです。

しかし、各職安によって対応が違うのも事実です。一部の地域では「申告しなくでいいですよ」というところもあれば、「それは収入ですので、申告してください」というところもあります。

なので、もしあなたがネットでの収入がある場合は、お近くのハローワークへ問合わせてください。

自分のチャット画像です。
内職は、収入によって支給額が変わり、給付日数が減ります

まとめ

失業保険をもらいながら、内緒でアルバイトすると、その時は金銭的に得するかもしれませんが、もしバレたら支給額全額返納+支給額の2倍もついてきて、合計3倍返しとなります。

こういったリスクを背負うだけのメリットがあれば、何も文句は言えないのですが、そうではないでしょ?

もしかすると、そこで人生が狂ってしまうことだってあるわけですから、たかが90日の失業保険額で罪を犯すようなことはしないようにしておきましょう。

しかし、失業保険は本当に困っている人(身体的、精神的)に対して300日間失業保険を延長するという制度も用意していますので、もし90日間の失業保険では足りない場合はお近くのハローワークへ相談してみてください。

スポンサードリンク