面接で、【前職の仕事内容】を説明する時は、2つのことに注意して回答すると、面接官は理解しやすく、面接をスムーズに進めることができます。

まず一つ目が、『だれでもわかるような言葉で説明する』そして二つ目が『仕事内容や実績は、数字を使ってアピールする』です。

これら2つは、ビジネストークでも重要視される部分なので、できるだけマスターしておく必要がありますね。

回答例

営業職(リフォーム)

「前の会社では、リフォームの営業を担当していました。奥様の要望を聞くことが多かったので、『女性の視点』を勉強できることができ、それを形にすることに喜びを感じていました。」

※自分は、どういったスタンスで仕事をしてきたのかを説明に入れると良い

営業事務

「営業事務という、営業をサポートする仕事をしていました。できるだけ営業員の負担を軽くするために、どんなサポートができるか日々考え、報告書のフォーマット化などを提案して成果を上げていました。」

※自分の仕事の成果を織り交ぜながら説明するのもあり。

店長(レストラン)

「○○レストランの店長として働いていました。肉・魚料理は共に好評で、グループ店舗30店のうち平均3位の成績でした。私は、スタッフに対して「常に笑顔で」と意識させていたおかげで、お客様には「本当に明るいお店ね」と言ってほめてもらえていました。」

※成績は明確な数字を使いましょう。

スポンサードリンク