20代の頃の転職は、若さが武器となり、自己PRや転職動機などいくらでも考えつくのですが、年齢が重むにつれて、若い頃にアピールしてきた武器は使えなくなってきますよね。

会社側もできるだけ若く、フレッシュな人材を求めるところが多く、30代、40代の転職者にはかなり厳しい目線で見ているのが事実です。

しかし、30代、40代にしか出せない”味”とゆうのがあるのも事実。今回はそんな”味”を最大限活かし、面接官をうならせるような自己PRを紹介したいと思います。

年齢をメリットとして考える

あなたは今の年齢をデメリットとして考えていますか?もしそう感じているのであれば、その事は頭から消し飛ばしておいてください。

年齢とゆうには、あなたがこれまで色々な経験を積むことができた期間であり、失敗や成功を体験してきた期間でもあります。

そんな社会人として成長してきた期間を否定していては、今まで働いてきた会社に失礼にもなりますし、これから働こうと思っている会社にも悪い印象を与えてしまいます。

年齢とゆうのは、あなたの財産なので、決して年齢をデメリットとして考えないでください。

経験を自己PRに上手く乗せる

20代前半時期とゆうのは、社会経験が少ない為に、感情が表に出やすく、プライベートの事情を仕事に持ち込みやすい時期でもあります。

しかし、30~40代ともなると、自分で感情をコントロールでき、基本的なビジネスマナーを心得ているはずです。ですので、面接時には自分がいかに精神的に成熟しており、周囲との関係性をビジネスとして円滑に進める術を持っているかをアピールしましょう。

例えば、

「これまで失敗や成功を幾度となく経験し、その経験を無駄にしないよう日々努力し、勉強してきました」

「協調性とは、仲間やクライアントとの摩擦を避けるのではなく、目標を達成するために意見を尊重し合い摩擦し合うことだと、これまでの経験で知ることができました」

「”経験は宝”だと思いますが、経験に頼ってはいけない事だと考えています」

など、色々な”経験”をしてきて、それを活かしていることをアピールし、尚且つ、その経験がプライドに変わっていない事をアピールしましょう。

経験がある人材とゆうのは、変なプライドが邪魔するところがあり、頭が固いイメージがあります。

しかし、視野を広くもって、”どんな状況でも自分で考え、物事を客観的に捉え、柔軟に物事を考えられる”事をアピールすると好印象を残せます。

年齢が30~40代ともなると、一段階深い回答をし、どちらかと言うと経営者目線で自分をアピールする必要があるので、ちょっとセリフが臭いかなっと思うくらいが、丁度いいでしょう。

経験がない職種での自己PR

年齢を重ねていて、尚且つ経験したことのない職種を受ける場合は、かなりハードルが高くなるのでは?と思われがちですが、”年齢を感じさせないガリ勉”をアピールすれば、そのハードルも高くはありません。

年齢を重ねると”経験に任せた仕事”が当たり前になってきて、”勉強する”とゆう姿勢が失われてしまいます。

そこであなた自身”勉強が出来る”ことをアピールしてください。

数学や国語といった勉強ではありませんよ。その会社の商品などの知識は当たり前ですが、その受けようとする会社の経営方針やノウハウをしっかりと勉強し、身に付ける姿勢です。

年齢を重ねると自己中心的な考えになってしまい、会社の経営方針や営業スタイルなどに不満がでて、やる気を失ってしまう人がいますが、それは”覚えよう”とゆう姿勢がない証拠です。

年齢が重なり、経験がないところへ転職しようとすることは、経験がある人以上に努力をしないといけません。

ですので、年齢と経験不足をカバーするには勉強しかありません。面接では”どんな事でも興味を持って勉強できる”ことをアピールしてください。これは社会人としては当たり前の姿勢ではありますが、実際にそういった人材は多くありません。なので、あなたがしっかり勉強できることを示してください。

例えば

  1. 会社の商品(業務)の知識を勉強して出来るだけ記憶しておく
  2. 会社のHPなどを熟読する
  3. その業界の資格を勉強しておく
  4. 専門用語があれば覚えておく

こういった前準備は面接ではかなり有効なり、しかも30~40代の求職者では滅多に見られない姿勢なので、面接官にはかなり良い印象を与えます。

まとめ

30~40代とゆうのは精神的に非常に安定している時期なので、物事を客観的に捉えることができます。

なので、そういったメリットを最大限活かして面接時に回答していくと必ず良い結果はついてきます。

面接時は少なからず緊張すると思いますが、そこは冷静に対処しないと30~40代の良いところが台無しになってしまうので、面接室に置いてある物を見ていられて、覚えていられるようリラックスした状態で挑んでいきましょう。

スポンサードリンク