証券アナリストは、証券会社やシンクタンクなどに属し、主に証券分析や投資分配の設計、投資アドバイスといった仕事をしていきます。

これまでは、個別証券の分析などを行うリサーチアナリストが多かったのですが、最近ではグローバル化などにより、マーケットアナリスト、投資アドバイザーのような専門に特化したアナリストも増えてきています。

次に、ファンドマネジャーです。

ファンドマネジャーは主に、アナリストからの情報をもとに投資家から集めた投資信託や年金などの資金を運用していき、必要な時には今後の展開を投資家に説明する仕事です。

証券アナリスト・ファンドマネジャーの魅力
  • 市場を見る目が肥え、的確に投資家達にアドバイスができる
  • 先を見越したファンドの運用ができ、確実に利益貢献できる
  • 投資の仕方を学べ、今後自分が投資家として活動できる

では、証券アナリストやファンドマネジャーになるために必要な能力(スキル)を紹介していきます。

証券アナリスト・ファンドマネジャーに就職・転職するために必要なスキル(能力)

  • 協調性
  • 向上心
  • 情報収集
  • 先見力
  • 専門知識・専門技術

これらが、証券アナリストやファンドマネジャーになるために必要な基本的な能力になります。

どれも当たり前のようなスキルではありますが、職種によって必要とされる部分が違ってきますし、内容も違ってきますので、一つひとつ説明していくとしますね。

自分ひとりの力している訳ではない(協調性)

証券アナリストやファンドマネジャーという仕事は、各個人が何役も仕事をこなし、比較的ひとりで仕事を進めていくようなイメージがあるみたいです。

でも実際は、証券アナリストが多方から集めた情報をもとに、ファンドマネジャーが意思決定をし、それを有価証券を売買する部門に指示を出す、といった他部門との連携でひとつの仕事が成り立っていくので、意外とチームワークが重要な仕事なんですね。

幅広い知識を吸収し続ける(向上心)

新鮮で信用性のある情報を収集するためには、企業の経営者などと直接会って、企業の実態を調査することも多くあります。

企業を調査し、分析するには多方面から判断できるよう、幅広い知識が必要になってきますので、常に新しい知識を吸収し続ける、向上心が重要になっていきます。

証券アナリストやファンドマネジャーという仕事は、莫大なお金を扱う仕事です。中途半端な知識ではやっていけませんので、ほかの職種よりも自分で勉強する力も重要になってくるでしょう。

生の情報を分析し構築する(情報収集)

的確な分析を行うには、リアルで生な情報を集める能力が求められます。

調査する企業の財務関係や、原材料の調達から製品化までの流れ、ほかにも、業界内外との比較、市場の動き、消費者の需要など、あらゆる側面から情報を収集します。

また、それで得た情報をレポートなどにまとめたり、運用状況の説明を投資家に行うこともあるんですね。

億単位の資金を動かすことも多い仕事なだけに、分析結果を論理的に組み立てていくことも求められていきます。

5年先の経済情勢や企業の業績を予測する(先見力)

実際の投資は、2年、3年、長い時では5年以上のスパンで行われることがあります。

なので、経済や企業の将来を見通す力も必要になってきますね。

検定試験合格が実力の証明となる(専門知識・専門技術)

証券アナリストとして仕事をするのに、資格といったものは必要ないのですが、日本証券アナリスト協会の検定試験に合格していることが一定レベルの実力の証明になります。

投資家からの信頼も得られるようになるので、できることならば、検定試験合格を持っておきたいところですね。

向いてる人・向いてない人

投資家という人種に興味がある人、お金と社会情勢の仕組みを知りたい人、お金をコントロールしたい人といった、「お金」「社会情勢」に興味がある人にとっては、かなり面白い仕事になると思います。

でも、責任感が人一倍強く、精神的にタフで、プライドを持って仕事に取り組める人でないとこの仕事はやっていけません。

プライベートで、お金に関して雑だったり、どんぶり勘定するような人もダメです。

スポンサードリンク