SE・プログラマー|就職・転職する前に知っておきたい5つの必要なスキル

情報 職種の種類・特徴
スポンサーリンク

SE(システムエンジニア)とは、クライアントからの依頼を受けて、要望に沿ったコンピューターシステムを構築していく仕事です。

まずクライアントの要望や予算などの聞き取りから始まり、それをもとにシステム化する部分を決定していきます。

実際にシステムを利用する人は誰か、情報更新の頻度はどのくらいか、既存システムとのリンクをさせるのかなど、色々な部分での調整もしてくので、ただ「システムを構築する」といった単純な仕事ではありません。

プログラマーは、SEが作ったシステムのプログラムを作成する仕事です。既存のプログラムの書き換えやメンテナンス、システム動作確認はもちろんのこと、もし不具合が発生した場合には、原因追究する作業なども含まれます。

SE・プログラマーの魅力
  • 自分が設計したプログラムが会社の役に立つ
  • 実務から資格取得の勉強ができる
  • 独立しやすい

では、SEやプログラマーに就職、転職する際は、どういったスキル(能力)が必要になるか紹介していきますね。

SE・プログラマーの仕事内容と必要スキル

  • 体力
  • 向上心
  • コミュニケーション力
  • 協調性
  • 論理的

一般的に、SEやプログラマーのイメージというのは、「パソコンにかじりついて作業している」と思われがちです。

しかし、システム設計には社内でチームを組み、作業を細分化していくので、チームワーク(コミュニケーション能力)も不可欠になってきます。

さらに、クライアントがどんなことを求めているかを、正確に判断できる力なども必要になってくるんです。

では、これらを踏まえて、上記の6つのスキルについて説明していきます。

納期が短いので、意外と体力勝負(体力)

デスクワークなので一見楽そうに見えますが、とんでもない。

SE・プログラマーといった仕事は、基本的に納期が短い(ギリギリ間に合うかぐらい)ので、ちょっとしたトラブルが起こるとその日は徹夜で作業することがあります。

体を動かさない分、頭をフル回転させて、長時間作業しないといけないので、意外と体力を使う仕事なんですね。

自分のチャット画像です。
徹夜って朝までってことですか?

そういったこともありますね。

毎月そういった徹夜が続くわけではないのですが、やはり依頼内容によっては朝まで作業することもあるでしょうね。

日々の勉強が仕事の糧になる(向上心)

SEやプログラマーは、実務の中で成長していくものなんですが、実務外でも最新情報を集めたり、資格取得のために勉強したりと、日々勉強していくことが大切です。

その結果、クライアントからの信頼を得ることができ、将来独立する時に非常に助かる存在になったりします。

自分の役割を理解する(コミュニケーション・協調性)

クライアントからの要望通りにシステムを設計していくためには、業務内容をきちんと理解することから始まします。

そのためには、コミュニケーション能力というのは大変重要になってきます。

SEでは、文系の人材を採用することが多い傾向にあります。その理由は、クライアントとの折衝力や、クライアント目線で物事を考えられる力に期待しているからなんです。

自分のチャット画像です。
えー、じゃ文系じゃないと敬遠されたりするんですか?

そういう訳ではないんです。っと言いたいところなんですが、やはり多少の違いはあるかもしれません。ですが、まったく採用されないって訳ではありませんので、あなたの熱意ややる気を見せれば、きっと採用されるはずです。

また、システム設計や開発は、基本的にチームで行い、各部分ごとに細分化されてプログラミングしていきます。

なので、自分がどんな部分を受け持っているのか、そして、チームの中で自分がどんな役割を担っているのかを理解し、互いを助け合って仕事を進めていく必要があります。

トラブルの原因・解決策を明確にする(論理的)

トラブルが起こった際は、チーム全体にその原因を説明し、そして根本的な解決策を導き出さないといけません。

時には、クライアントにも説明する時もありますので、その時は「必要な工程」と「必要な期間」を明確にし、問題解決までの筋道を決める必要があります。

自分のチャット画像です。
プロセスを説明するって結構難しいですよね・・・

そうですね。

なので、段階を追って、物事を論理的に組み立てる能力が必要になってくるんですね。

向いてる人・向いてない人

まず、当たり前なことなんですが、システム関係や、プログラムといったものに興味がないとダメですね。

たまに「楽そうだから」「パソコンが好きだから」といった理由で応募する人がいますが、それでは採用されませんし、採用されても続かないでしょう。

あと、SEやプログラマーは給料が安いです。残業をしてナンボみたいなところがありますので、そういった働き方がイヤな人は向いていませんね。

ですが、独立すれば意外と儲かる職種なので、独立を目指すならイイと思います。

スポンサーリンク

ページの先頭へ