今回『営業職に絶対受かる志望動機』とゆう少し怪しげなタイトルなのですが、営業未経験な方には、志望動機を考える前に、ある程度の『覚悟』と『営業職の考え方』を知る必要があります。

営業はあなたが思っているより厳しい

営業とゆうのは、成績がすべてであり、良い成績を残す為には日々の勉強がかなり必要になってきます。未経験者ともなると、営業のノウハウが身に付くまで覚えることが沢山あり、失敗なんてものは毎日続くことでしょう。

最近では、定時に帰れる営業職が増えてきましたが、やはりそんな企業は多くありません。他の業種に比べると残業は多いですし、プライベートの時間は少なってしまいます。そんな厳しい環境下にあるのが『営業職』なので、それなりの覚悟が必要になります。

企業とゆうのは『商品』を売って利益を得ているのですが、営業はその利益と密に繋がっている部分であり、企業の心臓とも言える部分です。なので、利益や成績に関して『貪欲』でないとイケませんし、いつも危機感を持っていないと継続的な良い成績は残せません。

営業はあなたが思っている以上に”楽しい”

これまで『営業は厳しい世界』っと言ってきましたが、厳しいだけが営業ではありません。営業とゆうのは、ビジネスマナーをしっかりと学ぶことができ、社会人として、人間として成長させてくれる職種です。私は講演する際、『営業できれば将来に不安なし』といつも言っているのですが、営業さえできれば、どんな商品だろうと、どんな会社だろうと成功することができるんです。

営業は、正しいビジネスマナーを身に付けさえすれば、自然と成績は良くなり、ビジネスマナーが自然とできるようになれば、凄く楽な仕事でもあります。

他にも、遣り甲斐があったり、達成感があったり、あなたの人生にメリハリが出てきて、プライベートも充実した時間を過ごすこことができるようになります。ですが、一番営業で”楽しい”と感じる部分は、やはり数字が給料に反映された時です。

営業はインセンティブが魅力

営業は、成績に応じてインセンティブがつくのがほとんどです。そのインセンティブは企業によって様々ですが、必ずあなたの生活はこれまでより良くなり、生活が180度変わると思います。

これまであなたが節約してきたこともしなくて良くなったり、好きな物を買うことだってできます。営業は拘束時間が長いですが、その分”給料”として満たしてくれるはずです。

営業職の志望動機は「お金を稼ぎたい」とゆう気持ちが一番

では、本題の「営業職に絶対受かる志望動機」です。営業の一番の魅力は”満足できる給料が貰える””自分の頑張りが直接給料に反映してくる”ことですよね?なので、営業職の志望動機は『今よりもっと稼ぎたいから』『周囲の人より稼ぎたいから』など、”お金を多く稼ぎたい”とゆう気持ちを正直に話すのが一番です。

以前クライアントの協力を得て、営業担当の方たちにあるアンケートをしてもらったことがあります。アンケートの内容は「あなたが営業をしている一番の理由はなんですか?」といった質問です。

100数名の営業担当にアンケートを取ったところ、そのほとんどが「多くお金をもらえるから」でした。それも営業の成績が良い人ほど、こういった回答が多いのです。

営業職は、大変な職種です。できれば楽な仕事がしたいですよね?ですが、楽な仕事ほど給料とゆうのは少なくなってきます。営業職は”給料がイイからやっていける職種”であり、”給料を多く貰いたい”っと思っている人じゃないと成功できない職種なんです。

なので、面接で『今よりもっと稼ぎたい』『周囲の人より稼ぎたい』『生活を変えたい』といった志望動機は、営業するには必要な事であり、大切な部分なのです。

なので、営業職の面接では『稼ぎたい!!』っとゆう気持ちを素直に伝えましょう。

現に、クライアントの採用担当の方達も「稼ぎたいといった気持ちがないと営業はできないし、採用もしない」「稼ぎたい気持ちが自分を動かして、良いスパイラルになる」と話しています。

営業職は非常に厳しい世界ではありますが、その厳しい世界の先には、あなたが思っている以上の”楽しさ”があり、あなたの欲を満たしてくれるものがあります。

もし、あなたが『稼ぎたい!!』っと純粋に思っているのなら、営業職に飛び込んでみてはいかがでしょうか。きっと満足できるはずです。

スポンサードリンク