労災とは、業務上または通勤途中に怪我や病気をした場合に、一定の給付が受けられる制度のことです。

労働災害の基本知識

労働者が業務上の原因で怪我や病気をした場合、会社はその事故についての過失があるないに関係なく、責任を負わなければいけないという労働基準法上の規定にあります。

自分のチャット画像です。
会社側は、労働によって利益を得ているんだから、労働災害の危険を負担しなさいよってことです

会社側が労災手続きをしてくれないのは?

会社によっては、労災手続きをなかなかしてくれないケースがあります。

これは労災保険が、事故の多い会社に対して、保険料をアップするというシステムをとっているからなんです。ですが、労災保険を受け取ることは、労働者としての権利なので、遠慮したり諦めたりする必要はありません。

通勤時の災害

もともと労災保険は、業務上(仕事中)の怪我や病気を対象していて、通勤時は業務外として扱われていました。しかし「通勤も業務の一つ」と理解され、通勤途中でも労災保険の適用が拡大されました。

通勤災害の注意点

通勤とは、自宅と会社の間を合理的な経路及び方法で往復する場合をいいます。

仮に、会社帰りに居酒屋で一杯お酒を飲むような場合は、「通勤中断」となり、その間は災害の対象にはなりません。

自分のチャット画像です。
その後から通常の通勤経路に戻ったとしても、その途中の事故に関しては、対象外となりますので、注意が必要ですよ

スポンサードリンク