リストラは、会社の業績が悪化し、経営不振に陥り、合理的理由がある場合にのみ使われる解雇方法で、『整理解雇』とも呼ばれています。

整理解雇を行う時は、色々な条件が必要になり、これらの条件を満たしていないと、不当解雇になってしまいます。もし不当解雇となれば、リストラ対象者は、会社に対して様々な請求をすることができます。

自分のチャット画像です。
状況によって様々変わってくるので、一概には言えませんので

ですが、これまでリストラに関しての、様々な裁判が行われてきましたが、どれもリストラ対象者側にとって良い結果にはなっていません。

自分のチャット画像です。
特に『時間』の浪費が激しいんですね。

なので、できれば波風を立てず、前向きに『再就職』をするのが利口なやり方です。

リストラ後、何をすればいいのか?

まず、リストラされたら、すぐにハローワークへ行って、求職手続きを行ってください。整理解雇の場合は、会社都合の退職になりますので、3ヶ月の給付制限期間が免除になり、すぐに失業保険を受けることができます。

しかし、失業保険が実際に振込まれるまでには、色々な手続きをしないといけませんので、できるだけ早く、失業保険の手続きをするようにしましょう。

自分のチャット画像です。
地域によって違いますが、最初の手続きから約1ヶ月後には振込されます。

再就職に向けての準備

失業保険の手続きが済んだら、次は再就職に向けての準備です。

リストラは、いきなり予告されることが多いので、再就職に向けての準備がまったく出来ていない状態だと思います。

ですが、しっかりとした対策をしていれば、問題なく再就職ができ、安定した生活を取り戻すことが出来ますので、安心して準備してくださいね。

自分のできることを把握する

まずは、あなたのできることを改めて確認していきましょう。30代40代の再就職は、基本的に『自分ができる仕事を選ぶ』ことです。

リストラを機に、違う業種を選ぶ人もいると思いますが、これはNG。30代40代では、経験がないと難しい部分があります。なので、ここはあなたの出来る仕事を選んでいきましょう。

自分のチャット画像です。
ここで、再就職が決まる人・決まらない人で分かれます。

求人情報の確保

就職や転職をする際、どうしても求人情報が、ハローワークだけだったり、求人雑誌だけだったりしますが、今はすべての求人情報を確保してください。
主な求人情報は、

  • ハローワーク
  • 求人雑誌
  • 求人サイト
  • 折込求人チラシ

などですね。

一つの求人情報だと、どうしても求人数が少なく、新着も少ないので、就職活動が長くなってしまう可能性があるんです。

30代40代の再就職は、一人でするな!

20代が再就職する場合は、まだ体力もあり、勢いもありますので、一人で就職活動していても、それほど苦にならないでしょう。

しかし、30代40代ともなると、多少の体力の衰えがあり、しかもリストラというショックもありますので、どうしてもフットワークが重くなってしまいます。

なので、体力と勢いがない分、『知恵』を使って活動域を広めていきましょう。

転職支援サービスを利用する

最近では、転職支援サービスを利用することがトレンドになってきています。

特に、30代40代の間では「以前の給料より少しいい会社へ再就職できた」「自分に適した仕事環境が見つかった」「楽して再就職できた」など、満足度も高く、利用者もどんどん広がっています。

転職支援サービスは、求人サイトの会社が提供しているサービスで、あなたの職歴や経験などから、あなたに適した会社を見つけてきてくれますし、必要であれば、面接時のコツなんかも教わることができます。

どこの求人サイトのサービスも、完全無料で対応してくれますので、気軽に利用することができます。

自分のチャット画像です。
企業側から収入を得るシステムなので、利用者からは一切料金をもらわないようにしてあるみたい。

おすすめ転職支援サービス

リクルートエージェント

recruitが運営している転職支援サービスです。数年前までは、利用者に対する対応が少し雑だったり、低職歴には厳しかったりしましたが、経営システムが安定してからは、スッタフの質も向上し、低職歴者にも優しいサービスになっています。

大手企業なだけあって、案件数はかなりなもの。未公開の案件もあることから「こんな会社もあるの!?」という驚きもあります。

数ある転職支援サービスの中でも、信頼度・満足度はトップレベルです。

無料相談してみる>>>

 

DODA

スクリーンショット (35)

DODAは求人雑誌などで有名ですよね。DODAの転職支援サービスは、エンジニア系に力を入れていますので、エンジニア系に再就職するのであれば、DODAで決まりです。

未公開案件数だけでいえば、リクルートには敵いませんが、一度は耳にしたことがある大手企業の案件数があるのはDODAです。

スッタフの対応に関しては、これまで目立ったクレームはなく、比較的スムーズに進んでいきます。ヒアリングなどがしっかりしていますので、入社して後悔するようなことはないでしょう。

無料相談してみる>>>

スポンサードリンク