男の転職は何歳まで?30~40歳の〇〇はNG

転職の悩み
スポンサーリンク

今の50~60歳の世代では、早い段階で現在の会社に努めている人が多く、大体遅くても25歳~28歳までには最後の転職を終えています。ですが、約30年前には今ほどインターネットも普及しておらず、転職情報がかなり乏しい時代。さらにIT企業なども滅多にありませんでした。なので、その頃は手短な職種や業種に就く人が多かったんですね。そういった理由から、比較的早い年齢で最後の転職を終えていたと考えられています。

しかし、現在では転職情報も豊富で、転職サイトやサービスも充実していますので、その結果、現在では30代~40代の転職者が増えているようです。

では、現在の30代~40代は昔に比べると転職活動が楽なのか?

目標・目的の無い転職はNG

30代~40代の転職者が増えている現在ですが、楽観視するのは危険です。30代~40代で転職するには何かの目標や目的があってこそ成立する転職です。なので、計画性のない転職者にはかなり厳しい状況になる可能性があります。

給料面や休日面、人間関係、こういった単純な理由で転職できるのは23~25歳までと考えておきましょう。それ以降は「こういった仕事を生涯続けたい」「この仕事でトップを狙いたい」「この仕事を誇りにしたい」といったものを見付け、それに向かって具体的に考え、行動できる人が30代、40代でも転職可能な人達です。

やりたい仕事がない時は?

やりたい仕事がなく転職を考えている人は、まずは今の仕事を頑張ってください。30歳を過ぎているなら尚更。その理由は、30歳以上で、給料や休日を理由に転職する人の多くは、面接官に「怠け者」と判断されることが多く、敬遠されるからです。もちろん面接で「給料や休日が転職理由です」なんて言わないと思いますが、ベースにその思いがあると、他に退職理由や志望動機を言ってもどうしても具体的でなかったりウソ臭くなってしまいます。

今の仕事に納得できず、とにかく転職したいと思っている人は、まず「自分はどんな仕事がしたいのか」「どんな自分になりたのか」「どういった仕事ならハマるのか」を時間をかけて自己分析していきましょう。そうすると自然とやるべきことがわかってくるはずです。

やりたい仕事の見付け方

やりたい仕事を探す時、「趣味」や「興味があるもの」「憧れ」などから考えていきますよね。しかし、いくら趣味や興味であっても『職種』があなたに合っていないと楽しく仕事をすることができません。なので、まず自分に合った職種を考えていきましょう。人と接することが好き、苦にならないなら「サービス業」「営業」「コンサル」などがあります。人と接することが苦手なら「エンジニア」「職人」「事務」ですね。職種をきっちりと決めておくと絞りやすくなり、具体的にやりたい仕事が浮かんでくるようになります。

勘違いしてはイケない

夢や目標、目的があっても楽に転職できるとは思わないでください。同じ業種や職種、資格や経験が豊富であっても、場合によっては失敗する時があります。それが未経験の仕事なら尚更です。一般的に20代は社会人としての土台作り。30代で結果を残し、40代は人を育てる。っと言われています。しかし30~40歳で転職となると、人より遅れた立ち位置になり、自分が想像するよりもハンデがあります。

なので、もし転職を考えている人はもう一度冷静に考え、転職活動中の人はもう一度自己分析をやっておきましょう。

スポンサーリンク

ページの先頭へ