転職すると決めた時から、あなたの中で”理想的な職場”をイメージすると思うのですが、自分だけの理想像を思い浮かべるのではなく、もっと相手(転職先)のことに目を向けなければなりません。あなたに合った仕事(会社)を見付けるには、その会社の実態を理解し、「自分にできること」「自分がやりたいこと」「自分がやること」を明確にしておく必要があります。

自分のことと会社のことを分析する

転職する時、あなたは会社のどういったところを見ていますか?給料?休み?会社の大きさ?どれも大切なことではありますが、一番考えてもらいたいところが、「自分にできること」「やりたいこと」「やらなければいけないこと」のバランスです。

転職するとゆうことは、必然的に「中途採用」とゆうことになりますよね。とゆう事は、企業は『即戦力』になる人材を求めているケースが多くなります。しかし、即戦力といっても、その業種の経験が長かったり、専門知識があるからといって採用される訳ではありません。

例えば、前職でバリバリの実績を持っていたとしても、「ニーズが当社と合わない」「オーバースペック」といった理由で不採用になることもあるんです。わかりやすく言うと、ネットサーフィンしかしない消費者に、高性能のパソコンを勧めても売れませんよね?それと一緒で、いくら実績が良くても、会社がその人材を扱えなければ意味がないんです。

あくまで、採用されるのは、「当社がほしいと思っている人材像にマッチする」と思う応募者であり、実務や実績だけではないとゆうことです。

「やりたいこと」「できること」「やること」を考える

自分に合った仕事や会社を見付けるには、まず「やりたいこと」「できること」「やること」に目を向けてみましょう。

・やりたいこと

「やりたいこと」とは、具体的にどんな職場で、どんな仕事をしたいのかであって、働くうえで確保したい勤務条件を考える

・できること

「できること」とは、その業務内容に必要なスキルがあるのか、そして経験や資格があるかを確認する

・やること

「やること」とは、会社がどんなことを望んでいるのかを把握し、「理想を違う仕事もある」とゆうことを理解する

この3つのうち一つでも抜けてしまうと、自分に合った仕事や会社に出会うことが難しくなり、無理をしながら働くことになるので、永く務めるためにも、この3つをしっかりと考えてから転職先を決めていきましょう。

スポンサードリンク