あなたは履歴書を書くときや面接をするとき「志望動機」をしっかりと考える方ですか?それともその場の思いつきで切り抜ける方ですか?

私は以前「あなたならどういった人物を不採用にしますか?」っという質問で色々な企業の人事部にアンケートを行ったことがあるのですが、そのほとんどが『志望動機がはっきりしていない人』という回答でした。

志望動機がはっきりしていないということは『うちの会社に興味がない』『本気でうちに入社したいと思っていない』『受かるならどこでもいい』と面接官は捉えてしまうので、いくら経験があって実績があろうとも絶対に採用してくれません。

なので、志望動機はしっかりと考える必要があり、しっかりと企業に伝える必要があるんです。

志望動機を考える

志望動機を考える時は、まずその企業のことを研究しましょう。例えば・・・

  • どういった商品を扱っているのか
  • どういった強みがあるのか
  • どういった経営方針なのか
  • 会社の将来のビジョンはどうなのか

など、とにかくあなたが受けようとする会社のことを調べれるだけ調べ倒してください。その会社のホームページがあれば大体の事は書いてありますし、ネットで調べればその会社がなにをしているかはすぐにわかります。

そうして調べていくと志望動機を考えるヒントが沢山見つけることができるんですね。

ポイントは『あなたの方向性と企業の方向性が合致している部分』を探すことです。

方向性が合致している部分とは?

ここで言う方向性とは

  • 仕事の進め方
  • お客に対するアプローチの仕方
  • 取り扱っている商品の内容
  • 社内の仕組み
  • 仕事とプライベートの比率

などです。他にも色々あると思いますが、そういったあなたの方向性と合致しているところを志望動機にするといいでしょう。

しかし「給料面」だったり「休日日数」という方向性を志望動機のメインにしないでくださいね。あくまで『仕事に対しての合致点』なので、仕事を進めるにあたっての合致点をメインとしてください。

志望動機はこうやって書け

履歴書に志望動機を書く場合は、あまり長文にならずポイントを押さえ、そしてわかりやすく書くことが大切です。

履歴書は、学歴や職歴・資格など「文章」になっていませんが、志望動機は文章になるのでここで文章能力が試されます。

文章の作り方

まずあなたと企業の合致点をいくつか並べてみましょう。例えば

  • お客様のアフターケアが充実している
  • ビジネスマナーを大切にしている
  • 資格取得のためのプログラムがある

こういった場合は

  • 私は「お客様に良い商品を提案する」だけではなく、そのあとのアフターケアが他の企業と差を付けるポイントと考えています。アフターケアに力を入れている御社は私にとって魅力的であり、ぜひ力になりたいと思っております。
  • 一つ上のビジネスマンになるためには、売る技術だけではなく、社会人としてのビジネスマナーも大切だと考えております。御社であれば売る技術・ビジネスマナー共に勉強することができ、そして発揮することができると考えています。
  • 資格取得は仕事に対しての意欲や自信に繋がりますので、その資格取得のために時間を作ってくれる御社はとても魅力に感じます。

ここでのポイントは「自分は○○と考えていて、御社はその考えと合致している」とアピールするところです。

そうすることで面接官に「自己分析ができている」「うちの会社のことをよく調べている」「プレゼン能力がある」と評価を良くすることができます。

面接の時の志望動機は履歴書がベース

面接で改めて志望動機を聞かれた時は、履歴書をベースとして回答するようにしてくださいね。履歴書とまったく違う回答をしてしまうと面接官は「なにが本当なの?」と思ってしまいます。

基本は履歴書に書いたことを回答し、そしてプラス一つくらい他の志望動機を準備しておくといいでしょう。

あと、履歴書に書いてある通りに喋るのではなく、少し言い方を変えて回答すると評価は高くなります。

必ず志望動機は考え、練習しておく

志望動機以外の質問は「これまであなたが経験してきたこと」についての質問なので、その場で答えられますが、志望動機は『これからのこと』なので、事前に考えて準備していないと答えることができません。

なので、面接をする場合は必ず志望動機を考え、準備することが大切です。

スポンサードリンク