講師やインストラクターには、色々な種類があります。「塾や予備校の講師」「音楽教室の講師」「資格や英会話の講師」「スポーツレッスンのインストラクター」などなど。

教える内容は大枠で決まっていますが、それをどういった手法で教えるかは、講師次第であり、その講師の腕の見せどころでもあります。

講師やインストラクターは、「教える」ことがメインなのですが、生徒の視点に立って指導計画を立てたり、状況によっては計画を変更したりと、事務的なこともかなり多い仕事になってきます。

講師・インストラクターの魅力
  • 自分の得意分野を活かして生徒を指導できる
  • 学習計画の立案など、教室運営業務も経験できる
  • 指導した生徒が目標を達成した時の達成感

講師・インストラクターに就職、就職するために必要なスキル(能力)

  • 積極性
  • 責任感
  • 規律厳守
  • マネジメント
  • リーダーシップ
  • 専門知識・専門技術

講師やインストラクターは「人にものを教える仕事」ですので、かなりレベルの高い職種だと思いますが、上記の6点をクリアしていれば、比較的楽しんで取り組むことができます。

情熱で生徒にやる気を出させる(積極性)

講師やインストラクターは、その生徒に専門的知識や技術を教えることだけが仕事ではありません。

目標達成に、長期間時間を要することが多いので、途中で挫折しないよう、情熱溢れる言動で生徒を応援する力が必要になってきます。

責任ある言動

生徒にとって講師やインストラクターの言葉は、かなり重たく響くものです。なので、自分の言動が生徒に大きな影響を与えているということを自覚し、責任を持てる態度を取ることが大切になってきます。

また、立場上生徒の個人情報を知ることがあると思います。そういった時も、生徒の情報を軽く考えず、講師やインストラクターにふさわしい言葉使いや行動を取るようにしないといけません。

生徒一人ひとりに気を配る

場合によっては、複数の生徒を一度に教えることがありますが、そういった場合にも、必ず「生徒一人ひとりを観察する」といった意識が必要になります。

生徒のようすを注意深く観察することによって、指導計画を立てたり、生徒の状況に応じて計画を変更したりと、常に生徒の気持ちになって管理することが求めたれます。

人柄の良さが生徒を集める

良い講師がいるところには、必ず生徒は集まります。そして講師やインストラクターは人気商売です。

なので「〇〇先生に教わりたい」「〇〇先生はわかりやすい」「〇〇先生は面白い」といった人望を発揮できる人ほど、講師やインストラクターには向いているでしょう。

目標を達成させるには、専門性が必要

教える内容というのは、本当にたくさんあります。そして、その教える分野には大抵「資格」があります。

資格を持っていないのと、持っているのでは、指導の質も違ってきますし、生徒からのイメージもかなり違ってきます。

なので、講師やインストラクターといった「人にものを教える」仕事に関しては、資格取得は必須といっても過言ではありません。

無料転職支援サービス

転職支援サービスは専門のエージェントさんがあなたの転職を手伝ってくれるサービスです。

カウンセリングをしてあなたに合った企業を紹介してくれるので失敗する事も少なく、一人で活動するよりも短期間で転職することができますよ。

どんな職種でもOK!リクルートエージェント



転職サイトの定番リクルート。実績十分、登録企業も多く、どんな職種にも答えてくれますよ。

リクルートエージェント

レアな職種が!?DODA




エンジニア関係に強いのがポイントです。専門的な職種に転職したい方にはおすすめですね。

転職のプロが薦める優良企業が豊富なのはDODA