広報は、「消費者やマスコミに向けた社外広報」「社内報の作成などの社内広報」「IRと呼ばれる投資家に対する広報」などさまざまあります。

今回は「社外広報を専門的に行う部門」で先方の担当者と話をしながら、共同で広告物を制作するといった仕事内容を紹介していきます。

社外広報とは、クライアントが新しい店舗をオープンする時に、広告方法を提案し、制作する仕事であったり、会社のPR活動を提案したりする仕事です。

広告物に関しては、ポスターやチラシ、新聞・雑誌・テレビ・ラジオなど、さまざまな媒体を使います。

広報・宣伝の魅力
  • 会社や店舗の状況や特徴を客観的に把握し、その自分のイメージを多くの人に伝えられる
  • 消費者、株主、社員などに対し、広報・宣伝戦略を立案できる
  • 広告制作に関わるので、クリエイティブの最前線に携われる

では、広報にはなるためには、どういったスキルが必要なんでしょうか?

広報・宣伝に必要なスキル

広報の仕事は主に「コミュニケーション能力」が必要になってきますが、他にも色々と必要な能力があります。

  • 情報収集力
  • コミュニケーション力
  • 交渉力
  • 創造力
  • プレゼン力
  • プラス思考
自分のチャット画像です。
では、一つひとつ説明していきますね。

一歩先行くPR活動(情報収集力)

PRするために広告を出す時は、どの媒体が今効果的なのかを探さなければいけません、そのためには「今主流となっている媒体は何か」「そしてこれから主流となる媒体は何か」という情報を掴んでおかなければいけません。

自分のチャット画像です。
PRは媒体で大きく変わりますよね。そのためにはPRの知識も必要になってくろという訳ですね

他にも、社会の流れや、業界の動きについても敏感になっていないと、良い情報を掴むことはできませんよ。

コミュニケーション力・交渉力

広報は、社外内の人と接することが多く、時には共同で仕事を進めることがあるので、コミュニケーション能力は必須条件になってきます。

社外の人に対しては、会社の代表とみられるので、それにふさわしいマナーや気配りも必要です。

あと、広告作成をする上で、一番大切なのは、社内外の人との意見を調整する力です

たとえば、広告代理店の広報・宣伝だった場合、相手企業の担当者の意向を実際に広告を作成するスタッフに伝え、双方の主張が折り合わない場合は、両者に納得してもらえるような、落としどころを見つける。っといったことも仕事の一つなんですね。

自分のチャット画像です。
どんな仕事でもコミュニケーション能力は大切ですけど、特に広報は重要そうですね

創造力

広告を作成するにあたって、作成するスタッフに仕事を丸投げするのはNG。クリエイティブな部分に対しても作成スタッフと対等に話ができる能力が必要になってきます。

自分のチャット画像です。
自分のイメージしている広告を作るんだから、作成スタッフに丸投げはおかしいですもんね

プレゼン力

社内外の人間の他にも、時には「投資家」にプレゼンする時があります。投資家は勤め人に比べると、具体的な数字を求めたり、明確なビジョンを求めます。

少しでもあやふやな部分があれば、不信感を与えてしまい、最悪投資の話がなくなる場合があります。

なので、投資家からどんな質問をされても、正確に答えられるようなプレゼン力が必要になってきます。

プラス思考

広報は、成果がなかなか見えない仕事です。なので、ほかの人からのヤジも多少あると思います。そんな中で、自分の存在意義を見つけ出し、仕事に取り組んでいくプラス思考が大切になってきます。

まとめ

広報は、トータルプロデュース的な部分があります。未経験でこの仕事をすると、本当に大変で、短期間で心が折れそうになることもあるでしょう。

しかし、一度広報の面白みを味わってしまったら、他の仕事が物足りなくなります。

そして、給料面も他の職種に比べると良いので、プライベートも充実するはずです。

もし、自分でなにかしらの会社を立ち上げる際にも、広報としての力を存分に発揮できると思います。

コミュニケーション能力に自信があり、責任感が強い人だったら、この仕事は向いているかもしれませんね。

無料転職支援サービス

転職支援サービスは専門のエージェントさんがあなたの転職を手伝ってくれるサービスです。

カウンセリングをしてあなたに合った企業を紹介してくれるので失敗する事も少なく、一人で活動するよりも短期間で転職することができますよ。

どんな職種でもOK!リクルートエージェント



転職サイトの定番リクルート。実績十分、登録企業も多く、どんな職種にも答えてくれますよ。

リクルートエージェント

レアな職種が!?DODA




エンジニア関係に強いのがポイントです。専門的な職種に転職したい方にはおすすめですね。

転職のプロが薦める優良企業が豊富なのはDODA