コンサルタントとは、お客や顧客に「インベント企画」「イメージ戦略(CI戦略)」「広告」「プランニング」「提案」など、幅広い業務をするお仕事です。

会社によっては、「企画営業」「アカウントエグゼクティブ(取引先担当責任者」」とも言われています。

イベント運営や、イベントに出資するスポンサーの獲得なども業務の一環として扱っている会社も多いですし、自分が提案した広告が採用され、「集客がアップした」「売上が大幅に上がった」「企業の知名度が上がった」などわかりやすい反応がありますので、とてもやり甲斐のある職種なんですね

コンサルタントの魅力
  • とても幅広い業務を経験できる
  • 自分の感性が顧客の業績に良い影響を与える
  • クリエイティブとセールス両面の才能を開花できる

営業(コンサルタント系)に必要なスキル

コンサルタントに必要とされるスキルは以下の5つです。

  • 創造力
  • 企画力
  • プレゼン力
  • 協調性
  • マネジメント
自分のチャット画像です。
結構いっぱいありますね・・・でも具体的にどういった事が必要になってくるんですか?

では、必要スキル別に具体的に説明していきますね。

問題点やニーズを企画へと発展させる(想像力・企画力)

企業やお店の問題点は、第三者でないとわからない部分があります。そういった部分を顧客に指摘し、それを解決できるような広告やイベントを、提案することができる力が必要になります。

ほかにも、「うちの顧客が新規店舗をオープンする」という情報を得た場合、すぐにイベントの企画を立てて提案したり、顧客とのヒアリングで問題点をすくい上げたりして、仕事に結びつける発想力と創造力も必要となります。

自分のチャット画像です。
こういう仕事って人とは違う着眼点が必要そうですね~

鋭い着眼点も必要ですけど、それをどう現実化させていくかのバランスも重要ですよ。

イメージを具現化させる(プレゼン力)

いくら良いイメージがあっても、それを実現できなければなんの意味がありませんよね。なので、イメージをより具現化し、顧客に理解してもらう必要があります。

そのためには、過去の実績や売上・集客の見込みなど数字を使って具体的に、かつ効果的に説明するプレゼン力が要求されます。

顧客は、現実味のある話でないと信用してくれません。「いいアイデアだけど、それで効果はどのくらいあるの?」「お金をかけた見返りはどのくらいある?」と結構シビアな部分があるので、これらを説得する必要があるんですね。

自分のチャット画像です。
私も色々とプレゼンをやってきましたが、数字を使って説明すると、顧客とのイメージの共有がしやすかったですね

プレゼンには「企画が想像しやすい」「アイデアの魅力をリアルに感じられる」というのがポイントなんですね。だから数字や現実味のある内容がカギになるんです。

他スタッフ達との情報交換(協調性)

イベントに参加するスッタフやスポンサー、時にはコピーライターやデザイナーなど多数の人と関わりあって仕事をしますので、必然的に協調性が求められてきます。

時には問題が発生していても、責任者がそのことを知らなかったといったことも稀にありますので、関係者との密な情報交換が必要になってきますね。

現場の流れを良くする(マネジメント力)

イベントなどの企画をスムーズに進めるには、広告制作チームとのスケジュールの段取りをするほか、一つのものをモノり上げるためにはスタッフのモチベーションを上がていくのも、コンサルタントの役目です。

仮に納期が間に合いそうにないときは、スタッフ数を増やしたり、スタッフの能力を把握して、適切な仕事を振り分けるなどして、企画の舵取りもしなければいけません。

まとめ

コンサルタントは、ほかの職種と比べると、自由なアイデアを出しやすいところなので、ツボにハマればかなり面白い仕事になります。

しかも、給料も比較的高めに設定してありますので、企画が成功した場合は満足できるだけの報酬が入り、仕事と生活両方が潤うようになるでしょう。

スポンサードリンク