経理や財務は、会社の出入金管理や帳簿づけ、伝票整理、決算表、貸借対照表、財務諸表の制作など、お金が関わるすべての業務を任されている職種です。

ですので、会社の経営状態を誰よりも把握しているのが経理や財務なんですね。

また、金融情報の収集をして分析したり、事業計画を立てて資金調達をしたり、資金の問題点を発見したら、各部門に指示を出したりと、経営と密接な関係でもあります。

経理・財務の魅力
  • 経営者と同じ目線で仕事ができる
  • 会社の進むべき道をサポートできる
  • 税理士や簿記の資格など、将来のビジョンが広がる

経理・財務に必要なスキル

経理や財務は、会社のお金(資金)を管理したり、帳簿の問題点を解決したりと、意外と大変な仕事です。では、経理や財務にとって必要なスキルとは、どういったものなんでしょうか?

  • 忍耐力
  • 向上心
  • 規律厳守力
  • 計数感覚
  • マネジメント力
  • 問題解決力
自分のチャット画像です。
一見経理や財務に関係のないものが含まれているように思えるんですが・・・

そうですね。経理や財務は「お金を管理する」というのがメインなので、いくつか関係ないスキルが含まれているように見えますが、意外とそうではないんです。

では、一つ一つ説明していきますね。

地道な作業をこなす(忍耐力)

もし帳簿に問題があれば、領収書を一枚一枚見直す地道な作業があるので、忍耐強さが必要になってきます。

資金などのトラブルがある場合は、早急に対処しないと雪だるま式に状態が悪化していく可能性があるため、「後日に回す」ということができません。なので、休憩時間を省いてでも、問題解決するハートの強さが大切になってきます。

自分のチャット画像です。
数字が苦手だったり、手順を踏んで一つ一つ丁寧に確認することが苦手な人は向かないかもしれませんね

そうですね。帳簿などの確認作業は、手順と丁寧さがモノをいいますので、こういった作業に苦手意識がある人は向かないかもしれませんね。

でも、地道な作業が実を結び、問題を解決できた時の達成感は本当にいいものです。

会計基準に合わせて新しい知識をつける(向上心)

単にお金を計算するのであれば誰でもできます。経理や財務で大切なのは「会計基準に合わせた資格を取得する向上心」が大切なんです。

最近では、国際会計の基準が大きく変わっており、環境活動の費用対効果を算出する環境会計なども登場しています。

そういった会計の変化にも対応していかないと、経理や財務としての資質を問われることになってしまいますので、新しい分野の専門知識を勉強する必要があるんです。

あと、経理もシステム化しているので、コンピューターの知識も求められる時代になってきていますね。

自分のチャット画像です。
経理や財務って結構楽なイメージがあったんですけど、やっぱり色々と大変な仕事なんですね

営業職みたいなノルマとかないので楽なイメージを持たれがちですが、経理や財務は会社のお金を任されているので、それなりのプレッシャーや責任があります。

仮に役員が不正を働いた場合などは、経理や財務にも責任を問われる場合がありますので、自分を守る意味としても、シビアに仕事をしていかなければいけません。

ノルマは嫌だけど、責任のある仕事がしたいという人にとっては、経理や財務が向いているかもしれませんね。

モラルとマナー(規律厳守力)

経理や財務は、お金に一番近いポジションなので、人間として、社会人としてのモラルやマナーが求められます。

「嘘の数字を記録しない」「いい加減な領収書や請求書に対しては支払わない」といった、お金に対して潔癖でないと、この業務は務まりません。

自分のチャット画像です。
あと、経理や財務って会社のお金を管理するので、会社の内部事情もわかったりしますよね?

その通り。経理や財務は、経験を積むと数字を見るだけで会社の状況が手に取るようにわかってきます。そうなってくると、会社の内部事情を知ることになるので「会社の機密を厳守する」という社会人としてのマナーも必要です。

客観的に数字をとらえる(計数感覚)

経理や財務は、貸借対照表の数字を客観的にとらえ、損益の見通しを立てる役割もあります。

自分のチャット画像です。
ここまでの話を聞いていると、経理や財務って経営者みたいですね

敏腕の経理や財務になってくると、どのタイミングで資金を調達すればいいのかを、経営陣に直接アドバイスしたりします。

経理や財務は、会社を動かす重要なポジションになるため、ある意味、会社の経営者よりも経営に詳しくないといけませんね。

もしあなたが資金面などに対してアドバイスできるようになったら、想像できないくらいに仕事が楽しくなりますよ。

会社全体の仕事内容を把握する(マネジメント力・問題認識力)

会社のお金をしっかり管理するには、各部門の予算編成や売上、経費など細かいところまで把握していないといけません。

そうしなければ、問題が発生した時に、具体的な改善策を指示することができないからです。

まとめ

このように、経理や財務は意外と大変な仕事なんです。

私生活でお金にルーズは人や、貯金ができない人は経理や財務は向いてないかもしれませんね。逆に、お金にうるさかったり、お金に対して潔癖な人は、経理や財務にはピッタリな仕事かもしれません。

どちらにしても、経理や財務は会社のお金を扱う仕事なので、人一倍責任感が強く、几帳面でないといけません。

仮に、経理や財務を担当している人が問題を起こしてしまうと、停職や懲戒免職だけではなく、事件として扱われる可能性が高くなりますので、ここらへんは気をつけたほうがいいですね。

スポンサードリンク