敬語が苦手な人は『敬語の特徴』を理解していないのが原因です。『敬語の特徴』と言うと難しそうに聞こえますが、案外ポイントを押さえるだけで、すぐに正しい敬語を使えるようになってしまいます。

なので今日は、少し”敬語に興味”を持って、勉強していきましょう。

敬語の種類

まず、敬語には3つの種類があることは知ってますか?

  1. 尊敬語(そんけいご)
  2. 謙譲語(けんじょうご)
  3. 丁寧語(ていねいご)

敬語はこの3つで構成されています。わかりやすいように、ひとつづつ説明していきますね。

尊敬語とは?

尊敬語とは、相手の行動や状態につける敬語です。

例えば、取引先の社員に資料を見せる場合・・・

「こちらの資料は見ましたか?」ではなく

「こちらの資料はご覧になりましたか?」となるのが正しい使い方です。

尊敬語は、相手の「会社」「社員」「取引先」「顧客」などに対して使う言葉で、自分の上司や同僚には使いません。

謙譲語とは?

謙譲語とは、自分の行動や状態につける敬語です。

例えば、取引先の社員から資料を見せられる場合・・・

「では、この資料を見させてもらいます。」ではなく

「では、この資料を拝見させていただきます。」となります。

謙譲語は、自分の家族を表現する時なんかにも使ったりします。

丁寧語とは?

丁寧語は、一般的に使われている敬語です。

例えば・・・

「見る」は「見ます」

「話す」は「話します」

「わかった」は「わかりました」

これは簡単ですよね。

敬語は、丁寧語がベース

尊敬語や謙譲語は、『取引先との交渉事』『プレゼンテーション』『接待』などの時に多用しますが、これ以外のシーンでは、あまり使うことはありません。

たとえ、多少間違った言い方をしても、全体の会話が不自然でなければ、それでOKなんですね。逆に、慣れない尊敬語や謙譲語を使ってしまうと、相手に不信感を持たれたり、自分のペースが崩れてしまう可能性があるので、基本は丁寧語で問題ありません。

尊敬語や謙譲語は、先輩などが話しているところを聴いていれば、自然と喋れるようになりますので、コンプレックスになる必要もありません。

ですが、丁寧語はしっかりと使えるようにしておきましょう。

丁寧語が使えないという事は『タメ口』で話すということです。これは致命傷ですよね。

なので、語尾には「~ます」「~でした」「~です」をつけるように心がけましょう。

敬語を使った例

面接官の質問「○○株式会社の○○部長をご存知ですか?

✖回答『はい、一度会ったことがありますが、親しいわけではありません。』

○回答『はい、一度お目にかかったことがありますが、特に親しくしていただいているわけではありません。』

面接官の質問「うちの会社の商品はご存知ですか?」

✖回答『はい、量販店でよく見かけます。私自身も使ってます。』

○回答『はい、量販店でよく拝見します。私自身も使わせていただいてます。』

面接官の質問「先ほどの社長の話しはどうでした?」

✖回答『はい、社長さんが言っていた、○○を大切にするお話には、同感です。』

○回答『はい、社長のおっしゃっていた、○○を大切にするお話には感動いたしました。』

>>>『10の面接マナー』へ戻る

スポンサードリンク