会社をなんらかの理由で解雇された場合、失業保険がどうなってしまうのか。もしかして、解雇だから失業保険なんてもらえないのかもしれない。そういった不安を抱えている方がいると思います。

失業保険というのは、退職理由に関係なく、支給されるものなので、懲戒免職をくらっても失業保険は必ずもらえます。

ですが、支給してもらうことができても、支給されるまでの期間に違いが生じてきますので、そのことについて、少しお話していきます。

解雇理由によって支給開始日が違う

まず、失業保険を受ける場合、求職申し込みをしてから7日間は待機期間というものがあります。これは、退職理由を問わず、すべての人に設けられる期間です。

そして、問題は給付制限期間。

 

給付制限期間というのは、「最低3ヶ月は、自分の力で生活してみてくださね」という節税みたいな期間なんですが、この給付制限期間の対象になるのが、『自己都合対象』と『懲戒免職』の2つなんです。

自己都合退職は「自分で辞めたんだから、すぐには失業保険は渡せないよ。ちゃんと計画立ててやめたんでしょ」という理由で3ヶ月付き。

懲戒免職は「会社に迷惑かけといて、すぐに失業保険をもらおうなんて甘い」という理由で3ヶ月付き。

この2つの退職理由では、必ず3ヶ月の給付制限期間が付きます。懲戒免職でも3ヶ月待てば、失業保険がもらえるので優しいっちゃ優しいですよね。

すぐに失業保険が貰える解雇

まず、解雇には3つの種類があるのは知っていますか?

  1. 普通解雇
  2. 懲戒解雇
  3. 整理解雇

解雇というのは、この3つに分けられているのですが、この中で3ヶ月の給付制限期間がないのは、整理解雇だけです。

普通解雇と懲戒解雇は、あなた自身に問題があった場合の解雇なので、当然給付制限期間が適用されます。

しかし、整理解雇は会社都合による退職なので、3ヶ月を待たずして失業保険をもらうことができるんですね。

なので、退職したらすぐに、ハローワークにいって求職手続きをしてくださいね。早ければ、手続きをして1ヶ月以内で初振り込むがあると思います。

手続きが遅くなればなるほど、支給されるまで時間がかかってしまうので、できれば退職した次の日には、手続きを済ませておきましょう。

スポンサードリンク