面接では、質問に答える内容をチェックされていますが、答える時の態度や表情もチェックされています。

いくら良い答えをしたとしても、態度が悪かったり表情に不信感があれば不採用になってしまいます。

こんな態度や表情は敬遠される

  • 傲慢な態度
  • 自分中心な言い方
  • 目を合わせない
  • 笑顔がない
  • 落ち着きがない
  • 自信がない言い方
  • 自信がありすぎる言い方

これらは面接するまでもなく、社会人として失格でもあります。ですが、わざとこういった態度や表情をしている人がすべてではありませんよね。

もしあなたが「どうして不採用になるうだろう」「全然受からない」といった悩みがあるんだったらこれから紹介することを試してみてください。そうすれば不採用になる原因がわかるかもしれません。

良い印象を与える態度と表情の作り方

まず、あなたがどういった態度や表情で人と話しているか知る必要があります。なので、家族や友人に頼んで「私ってどんな態度や表情で話してる?」っと聞いてみてください。

そうすると自分では気付かなかった部分を聞くことができます。ここで注意することは、言われたことに対して素直に認めることです。

「そんなことないでしょう!」「それは違うよ!」っと反発せず「なるほど」「そうだったのか」っとしっかり受け止めましょう。

あなたが想像している自分と、周囲が見ているあなたというのはかなり違います。そして周囲が感じている感覚こそすべてだと理解してくださいね。

人に聞きたくない時は?

家族や友人に聞きたくないという人は、ケータイで動画を撮影してみましょう。

よく面接で聞かれる質問をいくつか自分で準備し、それを答える様子を動画で撮影するんです。これだけでも自分の癖や態度がわかります。

良く見せようとせず、笑顔で答える

面接では自分を良く見せようとしてしまう人がいます。例えば

  • 変に冷静を装う
  • 変に態度を大きくする
  • 変に余裕ぶる
  • 焦ってないフリをする
  • どうでも良い雰囲気をだす

これらは自分を良くみせたい、あるいは自分は優位なポジションにいると示したい気持ちがあるからです。

こんな態度では不採用になるのは当たり前です。

なので、面接官に好印象を与えるには

  • 面接させて頂いている気持ちを持つ
  • ビジネスマン・社会人としてのマナーを守る
  • 軽い笑いではなく、真面目に笑顔を作る
  • 表情をいきいきさせる
  • 話は相手によく聞こえるように喋る
  • 相手の目をよく見て喋る・聞く

これらのことをしっかりと守る必要があります。

スポンサードリンク