男女ともにスーツが基本

面接は公的な場所で行われるので、カジュアルな服装は社会人としてNGです。たまにカジュアルな服装で来社する人を見かけますが、これは一発アウトですね。

数年前にカジュアルな服装で来た方に「なんでスーツで来社しなかったんですか?」っと聞いたところ「これが自分らしいと思ったからです。ありのままの自分がいいと思って」との返答をもらいました。

どう思いますか?

たしかに、ありのままの自分を見てもらうのはイイことです。ですが、見てもらうポイントが違いますよね。

あくまで面接はビジネスシーンの一部なので、そのことを忘れず上品でナチュラルなスーツで来社するのが鉄則です。

みだしなみのポイントは?

身だしなみ=「清潔感」です。

どんなにキャリアを積んでいても、見た目がだらしないと『できない人』っと映ってしまいます。

人はまず、見た目の第一印象で「この人はこんな人間かな」っと判断します。たとえあなたが経験・知識・資格を兼ね揃えていたとしても、面接官からは「役に立ちそうにないな」と思われてしまうんです。

逆に、経験・知識・資格がなくても、身だしなみをしっかりしておけば「この人はできる人だな」っと思わせることができるんです。

面接を受ける服装

男性

2ae3dee9d14061db7bcb981c4edcc0cb_s

  • スーツ=紺や黒、グレーなどベーシックなもの
  • ワイシャツ=オシャレな色合いは避け、基本は白
  • ネクタイ=ネクタイは明るい色が良い。黄色・明るい青・ピンクなど

女性

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

  • スーツ=紺や黒、グレーなどで、スカートは短すぎない丈にする
  • ブラウス=白が基本。リボンなどは極力避ける
  • 靴=ヒールの高さに注意

>>>『10の面接マナー』へ戻る

スポンサードリンク