自分の中で退職が決まったら、退職日をいつにするか迷いますよね。一般的には、給料日の締め日にしたり、月末に退職する場合が多いんですが、なにも考えずに退職日を決めていると、損をしてしまうことがあります。

なのでここでは、退職日によって何が違ってくるのかを紹介していきます。

ではまず、退職日によって違ってくるのは、『健康保険』『厚生年金』の二つです。

健康保険と厚生年金保険の被保険者期間

健康保険や厚生年金の保険料は、被保険者期間の計算の基礎となる各月に徴収されます。この被保険者期間は、入社した月~退職した月の前月までとされていますので、これをまず覚えていてくださいね。

月末・月中退職の保険料差し引きの違い

被保険者期間は、法律的には退職したその次の日が、資格を喪失した日となります。

なので、月末の10月31日に退職した場合は、11月1日が資格喪失日となり、その前月の10月までが被保険者期間になるんですね。

保険料は、普通前月分の保険料を当月の給料から差し引いているのですが、月末退職の場合は、例外的に2ヶ月文の保険料を差し引くことが出来るようになります。

自分のチャット画像です。
会社によって違ってくる場合があります

つまり、10月末に退職する場合は、9月と10月分の2ヶ月分の保険料が10月の給料から差し引かれることになるんです。

自分のチャット画像です。
「あら?なんか引かれ物が多いぞ?」っと思ったら保険料が2ヶ月分引かれているんですね

退職時期で、年金額が減るかも・・・

月の途中で退職するケースでの違いは。例えば、8月10日に退職して、9月1日に再就職する場合は、8月10日が資格喪失日になるので、8月は被保険者期間にはならず、社会保険(健康保険・厚生年金保険)の被保険者期間がひと月空くことになります。

その場合、空いた期間について国民年金に加入しなきゃいけません。

加入しなかった場合は、その分の年金額が減ってしまうんですね。

自分のチャット画像です。
来月に就職が決まっている人だったら、月末退社がいいですね。そうすると年金などで損をすることはありません。

スポンサードリンク