営業は、会社の利益を生み出す中心的存在なので、必然とほかの職種より年収が多くなります。しかしその半面、成績が振るわないと給料はカットされる不安定さがあり、ストレスや時間に追われる生活になってしまいます。営業はとてもシビアな世界なので、素質がない人にとってはとても辛い職場になってしまうんですね。

素質がないと自分でわかっていても営業を続けている人も多いでしょう。その理由はさまざまです。自分を成長させるためと考えている人、お金を貯めたいと考えている人、家族を養うために頑張っている人。なにかしらの理由がないと、こんな厳しい職種を続けることはできませんよね。中には天職として働いている人もいますが・・・

でも、営業がイヤでも辞めないのはなぜでしょう?なぜですか?

それは「営業以外を知らないから」ですよね。一つの職種や業界に長年勤めていると、他の職種や業種についてはどうしても無知になってしまうんです。

今回はそんなあなたの為に、営業から脱して、「無駄なストレスを感じない」「そこそこ稼げる」「楽しい」職種や業種を紹介していきます。

営業以外で稼ぐなら

まず営業以外の職種を上げていきますね。

  • 企画・管理
  • 事務・アシスタント
  • 販売・サービス業
  • コンサル
  • 金融系
  • 公務員
  • 技術職(SE系、機械系、建築系etc)

大体大きく分けるとこんな感じです。これからまた細かく分けようとすると100以上の職種があるんですから、営業以外の仕事というのは本当に沢山あるんですね

では、営業を経験していて、これから違う職種に転職するなら、どういった職種がいいのか?できれば年収をあまり減らさず、そして自分に合った職種や業種を探す。はたから見ればとんでもないワガママです。でも、これが利口な探し方なんですね。もちろん妥協する部分はありますが、営業をしていた頃よりも数倍良い環境になるはずです。

営業経験を活かす職種は?

営業を数年経験している人は、基本的にどんな職種に転職してもやっていける力を持っています。あとはそこに「やってみたい」だったり「興味」だったり「昔の夢」、「若い時にやっていた〇〇」を付け加えれば、自然と次に転職する道は開けてくるはずです。でも、こういったことがない場合どうすればいいのか。

営業は人に説明したり、商品を紹介する技術に長けています。それに、事務作業も一人ですることもあるので、そういったことも慣れていますよね。そういったことから、営業経験がある人にとって、次に選んで成功しやすい職種は「サービス業」です。

サービス業は、個人での売上はなく店舗全体の売上を見ますので、営業よりも比較的プレッシャーは少なくなります。では、サービス業というカテゴリの中で、どんな業界がいいのか。

スポンサーリンク




おすすめする業種

ここでおすすめするのはアパレル業界です。「洋服に興味ないよ~」と思うかもしれませんが、アパレルといってもカジュアルショップがすべてではありません。ビジネスマンをターゲットとしたスーツ専門店があります。有名どころでは「洋服の青◯」とか「AOK◯」なんかもありますよね。ほかにもオンワー◯もメンズ、レディーススーツを展開しています。洋服に疎くても、仕事で着ていたスーツならば多少の興味や知識があるんじゃないでしょうか。

アパレル業界は給料が安く、休みが少ないイメージがあると思いますが、給料面を言うと意外とそうではありません。確かに最初の1年~2年は厳しい状況になるかもしれませんが、経験を積み、実績を出していくと、かなり化ける可能性がある業種なんですね。

アパレル業界は、他の業界に比べると出世するタイミングが多くあります。その理由は「離職率」です。アパレルに就職したり転職する人の大半は「華やかな業界への憧れ」で入社します。しかし、アパレル業界はそんなに華やかな業界ではありません。

アパレルの詳細はアパレルに就職・転職したいを御覧ください。

こういったことから、副店長や店長といったポストがいきなり空くことがあり、経験が浅い人材でも飛び級することができるんですね。そうでなくても、店長クラスであれば2年~3年あれば期待できます。

今はあまり興味がなくても一度求人を見てみてください。あなたが思っているよりも意外と良い待遇を持っている企業が沢山ありますよ。

スポンサードリンク