病気のために止む終えず長期間(1年~3年)の療養が必要になって、かなりのブランクを作ってしまった時、誰もが「不利な状況だな~」「どう説明しよう」「ウソついて面接受けるか?」など色々考えますよね?

あなたがこの記事にたどり着いたという事は、「病気」「長期間」「1年~3年」そして「ブランク」といったキーワードで検索していると思うのですが、今回はそんな「就職に不利」と思えるこの状況を上手く「有利」に変えていきたいと思います。

マイナスをプラスに変える方法

まず最初は「マイナスをプラスに変える」のではなく、最小限にマイナスをとどめる必要があります。

マイナスをプラスに変えるためには、できるだけ傷は広げないほうがイイですよね。

  1. 病気のことは正直に話す
  2. 今の自分の状態を伝える
  3. 療養中に何をしたかを話す
  4. これからの自分をアピールする

この4つをしっかりと押さえておけば、面接官に不信感を与えず有利に面接を進めていくことができますので、まず最初はこの4つを考えていきましょう。

ウソをつかず病気のことは説明する

病気で長期療養したということは「健康体ではなかった」ということになりますよね。企業側とすればどんな優秀な人材でも健康面に不安があればどうしても敬遠してしまいます。

ですが、ここでウソをついても後で困るのはあなた自身なのでここは必ず正直に病気のことを説明しましょう。

今の健康状態をしっかりと伝える

今現在あなたの健康面になんら問題がなければそのことをしっかりと伝えるようにしましょう。

 

たとえ長期療養していたにしろ、今は完治していて何も問題がないことを必ず伝えてください。

しかし伝える時に「大丈夫です」「問題ないです」っといった答え方はしないようにしてくだいね。これだと「どこが大丈夫なの?」「本当に大丈夫?」っと疑いの目を持たれてしまいマイナス部分の傷が広がってしまう可能性があるからです。

伝える時は「どういった病気で、どう治ってきたのか」「療養中は○○ができなかったが、今では○○ができる」など、明確な答えを出してください。

そうすると相手も理解しやすく、納得してくれます。そして答えを明確に答えるということはビジネスマンにとって必要なスキルでもありますので、ここではマイナスがプラスに変わってくるポイントでもあります。

療養中に準備をしていたことを伝える

療養中でもなんらかの方法で就職の準備はできたと思います。たとえばあなたが就職したい業種の勉強をしたり、資格を取得したり、技術を身につけたりと色々あります。

どんな小さなことでも良いので『療養中でも努力していた』ことをアピールしてください。

そうすることによって長期間のブランクというのはプラスに変わっていきます。ブランクをブランクを思わず『準備する期間だった』っと思うべきであり、相手に思わせるようにしましょう。

仮に何もできなかった人は、面接前に勉強してください。

面接を受ける会社のホームページを見て、それに関連する情報を集めたり。あるいはその業種に必要な資格はどんなものか調べたりしてください。

そうすることで「ブランクを埋める努力をしている」っと相手に思わせることができます。

これからの自分の魅力をアピールする

長期療養したこと自体はやっぱりマイナスイメージになってしまいますが、大事なのは「今からのあなた」です。長期療養していたからといって気落ちしてしまっていると、その雰囲気が表面に出てしまい、相手に不信感を与えてしまうので面接の時は自信を持ってこれからの自分をアピールしてください。

例えば

  • 療養で長期間仕事から離れることによって、仕事の大切さ、そして仕事の面白さを改めて知ることができました。仕事へのブランクはありますが、やる気や意気込みは以前よりも増しています
  • 療養中でも仕事への気持ちは途切れさせないように日々勉強をしてきました。私はこの療養があったからこそ今の知識があると思っていますので、私自身ブランクがマイナスだとは思っていません。
  • 療養期間は私にとって「自分を見つめ直す期間」でもありました。「何がやりたいのか」「なにを目標にしているのか」「自分はどうなりたいのか」を考え、そして以前よりも明白に将来のビジョンができたことは私にとって大きなプラスになっています。

などなど、『療養をマイナスと考えずプラスに考えるている』っとアピールしましょう。「相手はどう思うか」ではなく、まず「あなた自身がどう思っているか」を伝えるようにしましょう。

あなたが「プラスになっている」と思い、そのことを相手に伝えることによって「前向きな人だな」「ポジティブで周囲に良い影響を与えそう」っといった高評価を得ることができます。

マイナスをプラスに変えるのは、ポジティブでいることです。

辛気臭いネガティブよりも、「勘違いしてるんじゃない?」って思われるくらいポジティブの方が絶対良いので、決して気負いせず、強気で面接に挑んでくださいね。

どうしても自信が持てない人は?

「ポジティブになれ!」っと言ってもそう簡単になれない時もありますよね。

「やっぱりブランクが気になって自信が持てない」「病気のせいで勉強する時間がなかった」っという人は、自分一人で頑張ろうとせず、第三者に協力してもらいましょう。

あなたの適職を探して紹介してくれる

ほとんどの人は求人雑誌やハローワークなどで仕事を探していると思います。

1ヶ月~半年くらいだったら採用してくれる企業もあると思いますが、長期ブランク(1年~3年以上)だとなかなか採用してくれるところはありません。

なので、そういう時はリクルートエージェントを利用しましょう。

リクルートエージェントは、あなたとのヒアリングを元にあなたにもっとも適した仕事を探してきてくれて、尚且つ企業側にあなたを推すこともしてくれます。

なので、比較的短期間で仕事先が見つかることが多く、待遇も良い企業に入社することができます。

エージェントが扱う企業はハローワークや求人雑誌でも扱われていないものが多いので「こんな会社があるんだ!」っとビックリすると思いますよ。

リクルートエージェントは無料で利用することができますし、パソコンからも利用できるので、あなたが考えているより手軽に利用することができますのでオススメです。

>>>リクルートエージェントの無料登録はこちら

スポンサードリンク