うつ病と診断され、その後通院しながら働けていけている人は不幸中の幸いと言えると思います。

幸いといっても相当キツい思いをされていると思いますが、それでも『退職して休養を余儀なくされた』方にとっては、これからの未来が不透明過ぎて不安になっていると思います。

なので今回は、『うつ病だけど安心して働ける会社』に採用されるまでの最良のプロセスをご紹介したいと思います。

うつ病でも満足できる会社に入社できる

ここで一つ私からあなたへ伝えたいことを今から言います。よく聞いてください。

「あなたはうつ病と診断され、治療をしていますが、あなたが周囲の人と変わっている、もしくは他の人よりも劣っているということは絶対にありません

「逆に、うつ病と診断された方は他の誰よりも打たれ強く、経験が豊富な人です

「うつ病になったからといって自分の価値を下げないでください

「うつ病になってまたあなたは成長したのだと理解してください。決して後退したわけではありません」

このことをよく理解し、このことが現実なことなんだと受け止めてこれからの話を聞いてくださいね。

そうすることであなたが満足できる会社へ就職できるはずです。

一人ではなく支援してくれる場所を探す

うつ病で長期のブランクがある人、症状は落ち着いたけど不安が残っている人、まだ自分に自身がない人、いろいろな状態の方がいると思いますが、今回の就職活動はあなた一人で頑張るのではなく、第三者の力を借りて就活をしていきましょう。

これにはしっかりとした理由があります。

「うつ病だから少しでもストレスがかからないように」っという理由もあるのですが、一番の理由は『あなたが満足いく会社が、あなたの知らないところにある』からです。

なので、支援してくれる場所は徹底的に利用していきましょう。

就職支援してくれる場所

では、就職支援をしてくれる場所とはどういったところなのか?都道府県によって少し違ってきますが、3つの方法があります。

  1. ハローワークの就労困難者窓口
  2. 就労移行支援センター
  3. キャリアアドバイザー

この3つが確実性と頼りになるスタッフがいる場所になります。

ハローワークの就労困難者

これは全国のハローワークにあります。専属のスタッフがヒアリングをして、あなたがどういった職種を希望しているのか、そしてどういったことができるのかを把握して、これからの就職活動を手助けしてくれます。

求人数は比較的少ないですが、登録してある会社はすべて事情を把握している会社なので話がスムーズに進みます。

ここで少しハローワークのデメリットを紹介します。

  1. 精神障害者手帳発行
  2. 診断書での出費
  3. 手帳が届くまで待機

まず、就労困難者に登録するには精神障害者手帳を発行しなければいけません。申請手続きも主治医から診断書を書いてもらう必要があるので、ここで少し出費がかさみます。

あと、申請して手元に手帳が届くまで約1ヶ月かかりますので、その分の期間は待機になります。

これをクリアすると就労困難者として登録できるようになります。

就労移行支援センター

この就労移行支援センターは、ハローワークと違いビジネススキルを養いつつ就職活動ができます。

たとえば、ビジネスマナー講座があったり、パソコンの授業があったり、軽作業があったりと、学校+職場みたいな感覚の場所です。

ここはハローワークの求人と連結していますし、支援センター独自のパイプがある場合がありますので幅は比較的広いです。

この就労移行センターの良いところは、仕事を探しつつビジネススキルを養えるところです。ハローワークにも似たようなプログラムはありますが、実際の職場のように朝礼したり日報を作成したりするので、就職にむけてのウォーミングアップができるのが良いですね。

ではここで就労移行支援のデメリットです。

  1. 精神障害者手帳が必要
  2. 仕事を辞めて日が浅ければ月に数千円かかる
  3. 支援センターがない地域がある

こうしてみるとハローワークとあまり変わらない気がしますが、職場の雰囲気と生活リズムが整えることはかなりのメリットだと思います。

ですが、支援センターがない地域がありますので、ない場合はハローワークかキャリアアドバイザーのどちらかになります。

キャリアアドバイザーに支援してもらう

これはリクルートやDODAなど転職サイトを運営している会社が『キャリアアドバイザー』として支援してもらえる場所です。

キャリアアドバイザーは独自のパイプがあり、一般公開していない求人が沢山ありますので、選択肢はだいぶ増えます。

そして、あなたのキャリアに合う企業も開拓し、紹介してくれますのでかなり頼りになる存在になると思います。

それにあなた自身の担当者が付きますので、色々と相談したり頼ったりすることができますので、本当の意味で支援をしてもらえます。

最近ではうつ病の方がキャリアアドバイザーと共に活動するのが増えていますので、実績も十分ありますのでご安心くださいね。

ではここでいつものデメリットです。

  1. かなり密なヒアリングが必要なので時間が少しかかる
  2. 就職が決まった時点で成功報酬が発生する

この2点です。

キャリアアドバイザーはあなたのことを深く知る必要がありますので、かなり深いところまでヒアリングをします。

ですが、これは逆に良いことです。あなたのすべてを知ってもらえれば、それだけあなたにマッチした企業と出会えるチャンスが膨らむからです。

なので、ヒアリングでは自分をさらけ出し、担当者に頼るとスムーズに希望する会社に入社することができます。

あとキャリアアドバイザーを利用する際は完全無料です。私たちからお金を受け取るのではなく、企業側から紹介料として利益を得ていますので、あなたはまったくお金を使わなくていいんです。

無料でキャリアアドバイザーに相談できて就職までのプロセスを決めてくれるので嬉しい限りですよね。

もしあなたが、キャリアアドバイザーを利用するのであればリクルートエージェントがおすすめです。ここは紹介できる企業の数が業界No.1ですし、優秀なエージェントも多いです。

全国に展開していますし、ネットからでも相談可能なので気軽に利用してみてくださいね。

>>>リクルートエージェント

スポンサードリンク