せっかく苦労して転職したけど、転職した会社が想像していたのと違ったり、自分に合わなかったりとゆうのは結構ありますよね。今日は転職で失敗しないために必ずしておきたい事や、知っておかなければならない事を紹介していきます。

給料や待遇を優先させてはいけない

雑誌やネットで求人を探す時、あなたはどこを見ていますか?ほとんどの方が一番に見てしまうのは「給料」「待遇」「休日数」だったりしますよね。できるだけ給料が良く、待遇が良い会社に転職したいと思うのはしょうがいない事なのですが、「給料」や「待遇」「休日数」だけで決めてしまうと、必ずと言っていいほど、失敗してしまいます。

それはなぜか?

給料や待遇を優先してしまうと、無意識に「給料を多く貰える」「休みが多い」「自分の時間がある」など、自分に良いことだけを想像してしまい、肝心の仕事内容や仕事量を軽視してしまっているからなんです。

仕事内容や仕事量、責任度を軽視して、いざ勤務してみると『こんなに大変なのか』『会社の商品に共感できない』『忙し過ぎてプライベートでも仕事のことを考えてしまう』などといった想像とは違う私生活になって、結局比較的短期間で退職してしまうようになってしまうんです。

もともと、そういった業種に就いていた方や、どうしても給料や待遇の良いところで働きたいとゆう強い気持ちがあれば良いのですが、その業種の経験がなく、給料や待遇だけで転職活動をしていては必ず失敗してしまいます。

給料が多いと、それ相応の仕事量とストレスがある

給料の多い企業は、一人の成績が直接会社の成績に影響するのが特徴です。(どの企業も同じですが、影響力が違う)ですので、一社員とゆうよりも、会社を『自分で成り立てている』とゆう感覚がないと、ストレスに押しつぶされてしまいます。

そして、一つの業務に集中するのではなく、色々な業務を一人でさばかなければならない場合が多いので、かなり時間との戦いになってしまいます。

転職する時は『自分のやりたいこと』『興味が持てる仕事』を選ぶ

これは当たり前のことであり、一番難しい部分でもありますよね。ですが、これが転職を成功させる唯一の方法です。皆が自分の好きな仕事をしている訳ではありませんが、同じ会社に長く務め、給料を多く貰えるようになっている方は、多少なりとも『興味の持てる』仕事内容をしている方が多数です。

転職で一番優先させることは、『その会社で長く務めることができるか』です。そして、長く務めるには、その会社の仕事内容に興味を持てるかであり、興味を持つことです。

自分のやりたいことを仕事にしたければ・・・

あなたのやりたい事を仕事にしたければ、そのやりたい事を完璧に極めるくらいの気持ちで挑まないといけません。「○○が興味あるから、この会社がいいな」「○○の知識が少しあるから楽しく仕事できそう」みたいな軽い考えでは、本当に自分がやりたい仕事はできませんし、続かないでしょう。

本当にあなたのやりたい事を仕事にしたければ、なにかを犠牲にしなければなりません。それが時間だったり、お金だったり、人それぞれですが、本当に自分のやりたいことを仕事にしたければ人一倍の努力が必要です。

それができなければ、できるだけ興味の持てる、持てそうな仕事内容を選び、無理にでも興味を持つことです。

まとめ

「今より多く稼ぎたい」「今より多く休みたい」「今より良い待遇がいい」といった理由で転職するのは悪いことではありませんが、冒頭でもお話しした通り、『給料』『待遇』『休日数』だけで企業を選んでいては転職には失敗します。

そして、いくら大企業であって優良企業であっても、あなたにとってはブラック企業になる可能性があるとゆうことも理解してくださいね。

『会社に貢献してこその給料』ですので、後から付いてくる給料面や待遇を先に考えていては良い企業には巡り合わないので、しっかりと自分自身と相談しながら転職活動を行ってください。

 

スポンサードリンク