一昔前までは、『転職最終ラインは35歳まで』など言われてきましたが、最近では状況が少し違ってきており、30代後半の人材を積極的に採用する企業が増えてきています。

では、なぜ30代後半の人材の需要が増えてきているのでしょうか?

企業側での30代後半のメリット

最近の企業は、若くて勢いのある人材よりも、ビジネス経験が豊富で、精神的にも安定している30代後半が注目されています。私のクライアントの中にも、30代後半を積極的に採用してる企業が多くあり、そのほとんどが満足いく成績を残しているそうです。

企業側がなぜ30代後半を欲しがるのかと言うと、それは『即戦力』です。30代後半ともなると、ビジネス経験が豊富で、ビジネスマナーも身に付けていますので、どんな状況下でも柔軟に対応できるスキルを持っているからなんです。

たとえ異業種からの転職でも、20代の人材と比べると、30代の人材の方が仕事が早く、成績も早い段階から安定する傾向にあることがわかっています。

30代後半の転職で気を付けること

企業側が30代後半を求めていることには違いないのですが、明確な目的や目標がない人にとっては少し厳しいのが現状です。そして、これまで重要なポストを任されたことがなかったり、仕事を転々としてる30代後半はかなり厳しい状況になっています。

企業が求めているのは、『ビジネスの即戦力』なので、その業種の専門的な知識や経験などではなく、ビジネスマンとしての姿勢や考え方なんです。

自分に自信がない30代後半

もし、あなたがこれまでの自分に自信がなく、少し悲観的になっているのであれば、一人で悩まず転職のプロに任せるのも最良の手段の一つです。

最近の企業は、ハローワークや求人雑誌などを利用せず、キャリアアドバイザーを通して人材を発掘するようになってきています。キャリアアドバイザーを通すことによって、企業は求める人材を得ることができますし、求職者も「数打てちゃ当たる」ような無鉄砲な転職活動をしなくて済みます。

キャリアアドバイザーを利用した方が、自分に合った仕事を紹介してくれますし、今あなたが感じている不安が大分軽くなります。
typeの人材紹介とゆう企業は、幅広い職種を紹介しており、フォローもしっかりしてくれます。独自のパイプがあることからハローワークや求人雑誌にはない職種を紹介してもらえることもあり、転職する視野が非常に広くなり、安心して転職活動することができます。

ネットからでも無料登録や無料相談ができますので、気軽に利用してみてください。>>>typeの人材紹介

スポンサードリンク