まず、名刺とゆうのは自分の証明書みたいなもので、あなたがどんな名前で、どんな会社に務めており、どんな部署に所属しているかを、相手に証明する為のものです。なので、『名刺を持ち合わせていない』『名刺を切らしていて』など、ならないように、名刺入れとは別に、財布の中や、定期入れの中に数枚入れておくことをおすすめします。

職種によっては、名刺交換する機会が少ないところがあると思います。ですが、名刺交換は社会人として必ず身に付けておかなければならないビジネスマナーなので、いざとゆう時、困らないようにしっかりとここで学んでくださいね。

では、本題の『名刺の渡し方やマナー』についてお話ししていきます。

名刺の渡し方やマナー

名刺を渡す時や、名刺交換する場合、あまりこういった状況に慣れていないと、どう差し出していいかわからない時があると思います。しかし、名刺交換は相手に自分の正体を知ってもらう、いわば自己紹介のようなものなので、普通に自己紹介をする時のこを思い出してもらえればいいんです。

一般に、自己紹介をするのは、立場が低い人間からするものですよね?名刺交換も同じで、名刺を渡す時には、立場が低い人間から先に渡します。先に渡すことによって、相手を尊重し、不信感を取り除くことができるので、必ず名刺を差し出す場合は、相手より先に差し出すように心がけましょう。

挨拶と共に両手で名刺を渡す

名刺を差し出す時、あなたが座っていても、相手が座っていても、必ず立ち上がって「○○社の△△と申します」と挨拶とお辞儀をして名刺を差し出してください。たまに座ったまま名刺を差し出す人がいますが、これは相手を尊重しておらず、失礼にあたります。名刺の渡し方が間違っているとビジネスマナーがわかっていない人間だと思われ、今後の仕事にも支障をきたす可能性がありますので、注意しましょう。

次に、名刺を差し出す時に注意するのが『手』です。こちらから先に名刺を差し出す場合は、必ず両手で名刺を持って差し出しましょう。両手を使う理由は、相手に「私は何も隠し持っていませんよ」とゆう意味が込められており、相手に対する信頼を表す意味でもあります。

少し余談ではありますが、ビジネスの中で、立場が上の人間から握手を求められる時ってたまにありますよね。そういった場合、立場が低い人間は、両手を使って握手に応じるのですが、これも「私は何も隠していません」「あなたに危害を加えません」とゆう意味があります。

名刺の同時交換の基本マナー

名刺は立場が低い人間から差し出すのが原則なのですが、こちらが用意している最中に、先に出されてしまうことってたまにあります。そういった場合は、名刺の同時交換になるのですが、このマナーを知らないと、少し恥ずかしい思いをするかもしれませんんので、しっかりとポイントを掴んでおきましょう。

同時交換の流れ

  1. 名刺を用意したら、立ち上がる
  2. 右手で自分の名刺を差し出す
  3. 自分の名刺を渡したら、先方の名刺を受取る
  4. 右手を添えて引き寄せる

ここで注意する点は、名刺を用意して相手に渡すところです。名刺を相手に差し出す前は、必ず両手で名刺を持ち、スタンバイしておきましょう。先方から先に名刺を出されても、慌てずにしっかりと最初は両手で持って、そして片手で名刺を差し出しましょう。

名刺の出し方

名刺はすぐ出せるよう準備しておくことが大切です。あまりまごまごしていると、相手がイライラしてしまったり、いつも差し出すのが遅れ、相手から先に出されてしまうようになってしまい、悪い印象を持たれてしまうかもしれません。なので、名刺はすぐに差し出せるように準備しておきましょう。

名刺を名刺入れに入れる時は、名刺の上を自分の方へ向け入れておくと、名刺を出した時にいちいち回転させないでいいですし、スムーズに名刺を差し出すことができます。

スポンサードリンク