企業には必ず『人事部』というものが存在します。人事部の仕事は基本的に「給料面」「採用面」なのですが、この2つは企業にとって生命線とも言えるところでありシビアな部分でもあります。

なので人事担当者というのは『裏の権力者』とも言われており、ある意味社長よりも会社を動かす力と能力を持っており、そして「人を見る目」を持っています。

そんな人事を担当している方々から『採用』『不採用』の境界線はどういったものなのか?そして、どういった人が採用され、どういった人が不採用になるのかをアンケート&インタビューしてきましたので、それを踏まえて今回のテーマを話していこうと思います。

こんな人は不採用になる

まず、不採用になる人の特徴は

  • ビジネスマナーがなっていない
  • 前職の退職理由・志望動機があいまい
  • 表情や話し方に自信がない
  • 表情や話し方が暗い

っとこんな感じでした。

ビジネスマナー

その中で一番多かったのが『ビジネスマナー』に関してですね。いくら前職で成績が良く、資格や知識があってもビジネスマナーがなってないと不採用になってしまいます。

ある方のインタビューでは『比較的若い応募者はビジネスマナーがしっかりしている。でも30代後半になってくると、なぜかビジネスマナーが雑になってくる』と話してくれた面接官がいました。

これはどういうことでしょう?

比較的若い社会人は、ビジネスマナーを覚えたてでビジネスマナーを常に意識して取り組んでいます。

しかし、ある程度社会人経験があり、前職で役職を経験していると基本的なビジネスマナーを忘れている人が多くいるみたいなんですね。

これはかなり致命的なことです。本当はビジネスマナーが完璧でないといけない年齢なはずが、どうしてか雑になってしまっている。

これはビジネスに対しての『慣れ』がそうさせているんだと思います。

なので、もしあなたが資格・知識・経験が備わっていたとしてもビジネスマナーの基本は忘れないようにしておきましょう。

前職の退職理由・志望動機があいまい

これは面接官に『不信感』を与えてしまいます。

どういった理由で退職したのか?どういった目標や考えがあって転職するのか?そして、なぜうちの会社へ入社したいのか?が明白でないとすべてが『なんとなく』と捉えられてしまいます。

ビジネスシーンの中で『なんとなく』は通用しませんし、普段からそういった考えをもっている人材はこれからもっと厳しくなっていきます。

なので、仮にあなたが『なんとなく』で退職・転職をしていたのであれば志望動機はしっかりと考えてください。

表情や話し方に自信がない・暗い

これも面接感に不信感を与えてしまい『こんなはっきりしない人とは仕事はしたくない』っと思われてしまいます。

表情や話し方というのは第一印象が決まります。ビジネスシーンでは第一印象が命であり、第一印象が良ければその後も上手くいくといっても過言ではありません。

なので、表情は『明るく、爽やかに』そして、話し方は『ハキハキと歯切れよく』話すことが大切になってきます。

こんな人が採用される

面接官は募集者に対して『退職理由』『志望動機』『これからやりたい事』など色々と質問してきますよね。

面接官の中には『どんな趣味をお持ちですか』なんて質問で募集者の個性を知ろうとします。

ですが、面接官の本当の目的は、これらの質問で募集者の『能力』『人柄』『熱意』を知ろうとしているんですね。

採用をもらう人というのは『質問の意味』を理解し『回答でアピール』することが出来る人なんです。

採用される答え方

採用される人の特徴は、面接官の『質問』に対して『回答+アピール』を入れることができ、そして『能力』『人柄』『熱意』の3つを意識しているんです。

例えば

面接官「前職はどういった仕事内容だったんですか?」

応募者「はい。前職ではアパレルの店長として勤務していました。入社2年目で店長を任されるようになり、接客はもちろん、商品管理、スタッフ管理など店舗運営全般を任されていました。」

この回答は至って普通な感じがしますが、この回答には『能力』をアピールすることができています。

  • 店長
  • 商品管理
  • スタッフ管理
  • 店舗運営

の4つです。

この4つは『管理能力』があることをアピールできています。どんな職種でも管理する能力というのは必須ですので、どんな場面でも使える回答ですね。

人柄をアピールする

人柄というのは口でアピールするものではありません。採用をもらう人は、終始明るい印象を与え、言葉づかいが丁寧です。他にも姿勢が良かったり、声が適度に大きかったりします。

そして人柄が本当にいい人は『面接官に好意』を抱き面接に挑んでいます。

面接試験では、面接官に好意を持たれないといけません。好意を持たれるには、まずこちら側が好意を持たないと絶対に好意は持たれないんです。

なので、どんなに嫌な質問やムカつく言い方をされても自分を抑え、面接官に好意を抱かないといけないのです。

熱意を伝えるには

熱意を面接官に伝えるには『志望動機が明確にある』『入社後のビジョンが明快』『なにが目的か説明できる』の3つです。

この3つさえ完璧に言えることができたら、面接官に熱意は伝わります。

採用をもらう人と不採用になる人の境界線はここにあると思ってください。

たとえ人柄が良く、能力があったとしても『熱意』がないと一気にはじかれてしまい不採用になってしまいます。

ある面接官は『経験や知識がなければ熱意を持てばいい』『熱意さえあれば成功する』っと言っていました。それほど面接官は熱意に敏感で、共感を持てるんでしょう。

まとめ

面接官の質問には一つ一つ意味があり、無駄な質問なんてものはありません。なので、どんな質問がくるのか予測し、備えておく必要があります。

そしてあなた自信の考えを明確にしておき、将来へのビジョンを明快にしておきましょう。

そうすることで、自然と表情は明るく、ハキハキと喋れるようになり、熱意の入った回答ができると思います。

スポンサードリンク